帯状疱疹の初期症状!頭痛と首コリに悩みました!

何で、今回の頭痛は治らないの?

これが、私の帯状疱疹の初期症状でした。

頭痛が数日続き、何をしても治らず、同時に、
首に、かなりのコリを感じていました。

まさかの帯状疱疹でしたが、最初は全然気づきませんでした。

スポンサーリンク

私が帯状疱疹になったのは、28歳の時で、
場所は、楽しい海外旅行先のハワイです(^_^;

今回は、そんな私の帯状疱疹の体験談を、ご紹介しますね。

参考になれば、幸いです。

帯状疱疹とは?初期症状はこうでした

頭痛に悩む女性

当時は、帯状疱疹という病気自体知らずに、
よくある頭痛と思い、我慢していました。

帯状疱疹は、皮膚にブツブツや水ぶくれができ、
ピリピリといった、あまり経験しない痛みを伴うのが特徴です。

ですが、初期症状(私は数日間)では、
皮膚には、何も異常はありませんでした。

私の場合は、次のような感じで、帯状疱疹は進行しました。

帯状疱疹の進行具合
  1. 1日目:首がこる
  2. 2~3日目:首コリ&頭痛
  3. 4日目:首コリ&頭痛がかなり強くなる
  4. 5日目:首に発疹&ピリピリとした強い痛み
    ⇒この時点で診察を受け、薬を服用
  5. その後:一週間程度で完治

※かゆみは出ませんでした。

最初は、首がこるな~寝不足だな~

という状態でしたが、皮膚に発疹が出た時点で、
知人に帯状疱疹である可能性を指摘され、
ハワイにいましたが、病院に行き診察を受けました。

(海外旅行保険に入っていて良かったです^^)

診断は、やはり帯状疱疹でした。

「変な病気だったらどうしよう!」

と、外国で超不安だったのですが、安心しました(#^.^#)

何も、めったに行けない海外旅行中に、病気にならなくても良いじゃん!
と嘆きつつも、その後は処方された抗ヘルペスウイルス薬を飲むと、
約1週間ほどで完治しました。

では、この帯状疱疹に、私はなぜかかってしまったのでしょうか?

次で、こちらを見てみましょう。

原因は?なぜ発症したの?

外人医者

帯状疱疹という病気の原因は、子どもの頃にかかった、

水ぼうそうのウィルスです。

水ぼうそうウイルスは、治った後も体の中の残り、
背骨付近の、神経細胞の集まっている箇所に潜んでいるそうです。

なんて迷惑な。

お医者さんに聞きましたが、通常はウィルスがいても、
帯状疱疹にはならないそうです。

体の免疫が抑えてくれているからです。

水ぼうそうが治ったあとは、体の免疫が抑えてくれるので、
発症しませんが、ある条件の時に、ウィルスは活動を再開するそうです。

それは、免疫が低下した時です。

免疫力が低下して、体の抵抗力が落ちると、
ウィルス活動⇒帯状疱疹発症、となります。

じゃあ、どうして免疫が低下したのか?

一般的には、加齢や、病気、過労やストレスなどです。

でた、ストレス( ̄▽ ̄)

現代は、何かって言うとストレスですが、私も思い返すとこれが原因でした。当時はある仕事上の悩みを抱えていて、さらに激務が重なり睡眠不足気味、それが長期間続いていました。

そのため、ハワイに行くことになり気が緩んだのでしょう。寝不足とストレスで免疫が低下した時に、眠っていたウィルスが起きちゃったんですね。

帯状疱疹が発症することになりました。

やっぱり、ストレスっていうのは良くないものなんですね。身を持って体験しました(^^;

スポンサーリンク

発症してしまったらすぐに受診!

帯状疱疹にかかってしまったら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

帯状疱疹の治療は、抗ヘルペスウイルス薬の内服で、きちんと服用すれば、
約1週間で水ぶくれは、かさぶたになり、治っていきます。
(私の場合です。軽い方でした。)

放置すると、髄膜炎、脳炎にいたるおそれもあるそうでし、
目の中にできると、角膜炎や結膜炎を併発することもあるそうです。

まあ、かなり痛いので、病院に行かないという選択肢は
ないと思いますが(^▽^;)

さいごに

帯状疱疹の初期症状についての、私の体験談でした。

ストレスは良くない、ということく加えて、海外旅行中保険は大事だな、
ということを学びました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。