レポートの書き方とは?高校生向けにわかりやすく!

ああ~レポートったって、どうやって書くんだ~!

私も昔、すごく困りました。

課題で提出しないといけないものの、
レポートの書き方って意外とわからないものですよね?

だって、高校の授業では詳しく書き方を教えて
もらえなかったですし( ̄s ̄;


とはいえ、そうも言ってられないので、
なんとか学びつつ、レポートの書ける大人になれました(^_^;

でも、昔苦労した分、今は手順をちゃんと踏めば、
サクサク書けるようになりましたよ。


そこで今回は、レポートの書き方や書く前の準備、
気をつけておきたい注意点などについて、ご紹介しますね。

では、サクっといってみましょう~(#^.^#)


大学生向けはこちらです。
レポートの書き方は?例でわかりやすく!

レポートの書き方!テーマ選び編

レポートを書く

まず、レポートはテーマが重要です。


○○について調べてくるように、と学校から
指示があればいいのですが、ない場合は、
自分でテーマを探さなくてはいけません。


この場合は難しく考えず、身の回りの不思議なことや、
自分が興味のあることを選ぶのが良いでしょう(#^.^#)

例えば、「どうして午後の授業はいつも眠くなるのか」や、
「なぜ天気予報は、プロの気象予報士でもよく間違えるのか」など、
高校生活や日常生活の中で、芽生えた疑問をテーマにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

レポートの書き方!書く前の準備編

テーマが決まれば、次は準備として、
そのテーマについて調べる方法です。


今では、高校生の皆さんは、スマホやパソコンを、
日常的に使っているかと思います。

そのため、疑問があればインターネットですぐに検索できますが、
レポートの記事を作成する際は、最低でも2つ以上の方法で、
同じ内容を調べるようにしましょう。

例えば、ネットと図書館、又はネットとそのテーマに詳しいプロの人に直接聞く、など。


というのも、インターネット上には、間違った情報も
多く流されている
ため、調べた結果が必ずしも、
正しいとは限らないからです。


例えば、ネットで調べた内容を、高校の図書館の本で
確認するようにすれば、もし間違いがあっても確認できます。


さらに、手間をかける分、メリットもあるんですよ。

それは、違った角度から調べられるため、
より深く調べることができ、レポートの内容が充実します。


点数アップ間違いナシ、です( ´∀`)b


他にも、簡単な実験をしてみる、実際に足を運んで実物を見る、
詳しいことを知っている人に尋ねてみる、など様々な方法があります。

いくつかの方法を組み合わせて、
より内容の濃いレポートを、仕上げる準備にしましょう!

スポンサーリンク

レポートの書き方!実践編

それでは、実際のレポートの書き方です。

テーマについて調べた内容を、まとめていきます。

ここからがいよいよ本題ですね^^


レポートとは、自分が調べたり学んだ内容を、
誰かに報告するためのものです。

勉強する高校生女子


そのためには、下記の6項目について書くと良いでしょう。

レポートの内容

  • 動機
  • 目的
  • 方法
  • 結果
  • 考察
  • まとめ


動機」とはそのテーマを選んだ理由です。

「純粋に興味があったから」でもいいですし、
「日常生活の上で不便があり、それを解決したかったから」
というのもOKです。


目的」は、調べてどんなことを知りたいか、
ということを書きます。


方法」は、実際の自分の活動内容について、
説明すれば問題ありません。


さて、難しいのは「結果」です。

結果」とは客観的に書かなければなりません

つまり、調べてわかったことだけを書く、
ということです。

自分の思い込みや、たぶん~~だろう、
という決め付けは書いてはいけません。


化学の実験みたいに、わかったことだけを
シンプルに書いた方が、レポートの完成度は
グンと上がるでしょう。

写真やグラフなどがあれば、それを添えると完璧ですよ(#^.^#)


次は「考察」です。

自分の意見を盛り込むのであれば、この「考察」に
入れてあげてください。

調べたことによって、得られた知識をもとに、
自分がどう考えたのか、どう活かすことができるのか、
または、それによって生まれた新たな疑問などでも良いですね。


最後は「まとめ」です。

これは、今回調べたことを整理して、2~3行にしたものです。

レポートは報告書ですから、この「まとめ」のように、
簡単に結果がわかるようにしていると、読む人にとって
たいへん喜ばれます。

わかりやすいですからね^^


書くときは、ぜひ読み手の立場で書いてあげてください。

間違いだらけの字や、よく調べていないことを、
だらだらと書いただけのレポートですと、読む人も疲れてしまいます(^^;

書き上げたらまず一度、上から下まで目を通して、
しっかりと仕上がりを確認することも、大事ですよ。

さいごに

以上が、レポートの書き方:高校生向けでした!

上記のことを守って、調べたことを書き上げたら、
きっと満足のいくレポートができるはずです。

レポートを宿題だと考えると、うんざりしますよね。

でも、自分の知りたいことを調べて、なかなか良いものが
出来上がると、かなり満足感がありますよ(#^.^#)


肝心なことは、楽しみながらやる、ということです。

せっかくの楽しい高校の夏休みなのですから、
レポートなんて手早く片付けて、いっぱい遊んでくださいね~

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です