ボクシングの階級!いくつあるの?その意味は?

プロボクシングの階級っていくつあるの?

ボクシングって、階級の数が多いですよね~

私も今でこそ、半年に一度はボクシングの試合を
見に行っちゃうくらいのファンですが、最初は、
バンタム級が軽いんだか重いんだか、さっぱりでした(^_^;


また、階級の分け方である、重さの単位もポンド
使っていて、日本人には馴染みがないですよね。

そこで、ボクシングが大好きな初心者の方向けに、
ボクシングの階級とその意味を、軽量級から順に、ご紹介します!

ボクシングの階級と意味!軽量級編

ボクシング


軽量級は全部で、6個あります。

名称重さ説明日本人世界王者代表的な選手
【ミニマム級】105ポンドより下(47.627kg以下)最軽量級。文字通り、もっとも小さい規格の階級です。井岡一翔リカルド・ロペス(メキシコ)
※「はじめの一歩」に登場するリカルド・マルチネスのモデルとなったメキシコの英雄です。
【ライトフライ級】105~108ポンド(47.627kg~48.988kg)2番目に軽い階級です。野球のライトフライとはもちろん違いますよ(笑)具志堅用高具志堅用高(日本)※世界王座13度防衛。テレビでの姿とは裏腹に、当時はめちゃくちゃ強かったんです!
【フライ級】108~112ポンド(48.988kg~50.802kg)3番目に軽い階級です。フライとはハエを意味しています。内藤大助ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)※プロ通産97試合の鉄人
【スーパーフライ級】112~115ポンド(50.802kg~52.163kg)4番目に軽い階級です。スーパー○○という階級は、すべて○○よりひとつ上の階級という形で用いられています。渡辺二郎カオサイ・ギャラクシー(タイ)※世界初の双子世界王者
【バンタム級】115~118ポンド(52.163kg~53.524kg)5番目に軽い階級です。バンタムとはチャボ(鶏)のことで、どう考えても次のフェザー(羽)級より重そうな気がするのですが・・・辰吉丈一郎、薬師寺保栄オルランド・カニザレス(アメリカ)※同級16度連続防衛
【スーパーバンタム級】118~122ポンド(53.524kg~55.338kg)6番目に軽い階級です。一般的に軽量級と言うときは、このスーパーバンタム級までを指します。西岡利晃マニーパッキャオ(フィリピン)※8階級制覇の偉人。後述のメイウェザーとのファイトマネーは、一試合で100億円以上とも言われています\(◎o◎)/!!


軽量級の一覧でした!

「はじめの一歩」っていう、ボクシング漫画があります。

破壊力抜群のパンチを持った、フェザー級の男の子
(幕ノ内一歩)が、主人公です。

元はいじめられっ子だったのですが、強敵を倒しつつ、
一歩一歩着実に強くなっていく漫画です。

100巻以上で、2015年現在まだ連載中ですが、
愛読しているのですが、かなり面白いので、
もし読まれてなかったら、是非!

つい、シャドーがしたくなりますよ(#^.^#)


続いて、中量級、いってみましょう!

スポンサーリンク

ボクシングの階級と意味!中量級編

中量級は全部で、8個あります。

名称重さ説明日本人世界王者代表的な選手
【フェザー級】122~126ポンド(55.338kg~57.153kg)下から7番目の階級で、羽のように軽いことからこの名前になりました。長谷川穂積エウセビオ・ペドロサ(パナマ)※同級19度の最多防衛記録を保持
【スーパーフェザー級】126~130ポンド(57.153kg~58.967kg)真ん中付近の階級です。畑山隆則オスカー・デ・ラ・ホーヤ(アメリカ)※世界初の6階級制覇を達成。歌手としてもなぜかグラミー賞を受賞しています(゚д゚)!
【ライト級】130~135ポンド(58.967kg~61.235kg)全階級の真ん中に位置する階級ですが、ライトとは軽いことを意味していますので、世界的には軽い階級として扱われています。ガッツ石松ロベルト・デュラン(パナマ)※全階級最強との呼び声も高い伝説的チャンピオン。なんと50歳になるまで現役で闘っていました!
【スーパーライト級】135~140ポンド(61.235kg~63.503kg)上から8番目に重い階級です。中量級と言う場合はスーパーライト級も含まれることが多いです。浜田剛史エディ・パーキンス(アメリカ)※世界23カ国45都市で試合をし、「リングの親善大使」の異名を持つ異色の王者。
【ウェルター級】140~147ポンド(63.503kg~66.678kg)上から7番目の階級です。ウェルターとは波やうねりを意味しています。なしフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)※47戦47勝。無敗のまま5階級制覇を成し遂げたアメリカを代表するボクサー。
【スーパーウェルター級】147~154ポンド(66.678kg~69.853kg)上から6番目の階級です。和島功一ジャンフランコ・ロッシ(イタリア)※ボクシング界では珍しいイタリア人チャンピオン。通産11度の防衛記録を持っています。
【ミドル級】154~160ポンド(69.853kg~72.575kg)上から5番目の階級です。中量級という言葉を使う際にもっともイメージされる階級がミドル級です。竹原慎二バーナード・ホプキンズ(アメリカ)※46歳4ヶ月で最年長世界王者記録を持つ選手。なんとびっくり、ニックネームは「死刑執行人」だそうです。
こわ~(((( ;゚Д゚)))
【スーパーミドル級】160~168ポンド(72.575kg~76.204kg)4番目に重い階級です。スーパーミドル級以上の階級では日本人の世界王者は輩出されていません。なしシュガー・レイ・レナード(アメリカ)※「黄金のミドル(中量級)」を支えたスピードスター。ラッシュ時のパンチはTVカメラでさえ捉えきれませんでした。


中量級の一覧でした!

かなり細かく分かれていますね。


スーパーミドル級以上の階級では、2015年現在、
日本人の世界王者は輩出されていません


お次は、最後の重量級です。

スポンサーリンク

ボクシングの階級と意味!重量級編

筋肉


重量級は全部で、3個あります。

名称重さ説明日本人世界王者代表的な選手
【ライトヘビー級】168~175ポンド(76.204kg~79.379kg)3番目に重い階級です。直訳するとヘビー(重い)の軽いとなってしまいますが、ここからが重量級の扱いとなります。なしモハメド・アリ(アメリカ)※史上最速と呼ばれる選手。人種差別に憤慨し、金メダルを川に捨てたというエピソードが有名ですが、あれはフィクションです。
【クルーザー級】175~200ポンド(79.379kg~90.719kg)2番目に重い階級ですが、日本ではあまり馴染みがないかもしれません。クルーザーとは船を意味しています。
う~ん、重そう(^_^;
なしジョニー・ネルソン(イギリス)※巧みな試合運びから「エンターテイナー」の愛称で呼ばれていました。
【ヘビー級】201ポンド以上(90.72kg以上)最重量級。世界的にもっとも人気のある階級です。なしマイク・タイソン(アメリカ)※もっとも過酷な階級であるヘビー級において、「史上最強の男」と称されるほど強い選手でした。引退後もなにかと世間を騒がせており、常に注目を浴び続けています。


以上のように、プロボクシングは、17階級に細分化されていますが、
よく見ると、日本人世界王者の大半は、スーパーバンタム級までの
軽量級が締めています。

日本人の身長も伸びてきてはいますが、
まだまだ外国人選手には届かないようです。

編集後記

ボクシングの階級と、その意味のご紹介でした!

近年は、日本人世界チャンピオンが多く輩出されていますので、
ミドル級やウェルター級でも、活躍する姿が見られると嬉しいですね。

なかでも、ロンドンオリンピックで金メダルを受賞した、
ミドル級の村田諒太選手は注目ですよ!

竹原慎二以来となる、日本人2人目の世界ミドル級王者を目指して、
是非とも頑張っていただきたいです(#^.^#)

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です