除湿器のおすすめ!デシカント式はココが良かった!

除湿機には、大きく分けて3種類のタイプがありますよね。

どれが良いのかな~?どれを買おうかな~?
と考えているアナタに、今回の記事はピッタリです(#^.^#)

我が家も除湿機を買う前、冬や梅雨の時期に、
かなりのストレスがありましたので、それと決別するため、相当調べました。

その結果、コスパも考えて選択したのが、
デシカント式の除湿機です。


そこで今回は、どうしてデシカント式を選んだのか?

そして、選んだ結果どのくらい満足しているのか?

除湿機のおすすめはデシカント!と強く言えるのか?

レビューと一緒に、ご紹介しますね!

除湿機のタイプは3種類

デシカント式の除湿機


洗濯物が乾かなくて、困っていた当ブログの管理人は、
一番ベストな除湿機を探そう!

と、妻(メインで使う人)と誓いました。

そこで、情報収集を始めると、
除湿機には大きく分けて、3種類があることがわかりました。

除湿機には3種類

  • デシカント式(又はゼオライト式)
  • コンプレッサー式
  • ハイブリッド式


そして念入りに調べた結果、先ほどご紹介したデシカントを買いましたが、
これが大正解(#^.^#)


まずは、デシカント式の仕組みや、メリット・デメリット
おすすめポイントを見てみましょう。


次に、デシカント式除湿機にもデメリットがあるのですが、
これが実際に我が家ではどうだったのか?

ご紹介します。


最後に、コンプレッサー式とハイブリッド式の、
それぞれのメリット・デメリットを見てみますね^^

スポンサーリンク

冬場も安心!デシカント式の除湿器

デシカント式は、内蔵されている除湿ローターの、
ゼオライトという乾燥剤で水分を吸湿し※、
その除湿ローターをヒーターで熱して、水分を熱交換器内に放出します。

※そのため、別名ゼオライト式。

その熱交換器内で、水分が冷やされて、水滴になりタンクにたまります。

除湿機のタンク


数時間作動させるとかなり水がたまり、このタンク内にたまった水を、
ザバー!っと捨てる時、かなり満足感があります(#^.^#)

除湿機の水を捨てる


メリットとデメリットには、次のようなものがあります。

デシカント式のメリット・デメリット

メリットは?

  • 気温の低い時期も除湿が可能
  • コンプレッサーが無い分、サイズが小さくて軽い
  • 動作音がコンプレッサー式より小さい

デメリットは?

  • ヒーターを使う分消費電力が大きい
  • 気温の高い時期はやや除湿が苦手
  • 部屋の温度が上がる(我が家の除湿機は3~6℃くらい)


あとで、このデメリットが我が家では、どうだったか?
ご紹介しますね。

続いて、デシカント式のおすすめポイントです。

デシカント式除湿機のおすすめポイント!

デシカント式除湿機のおすすめポイントは、
大きく3つあります。

デシカント式除湿機のおすすめポイント

  • 冬場(低温時)の除湿性能が高い!
  • 運転音が静か!
  • 軽量でコンパクト!


順にご紹介していきますね。

冬場(低温時)の除湿性能が高い!

デシカント式は、低温時の除湿性能が高いので、
冬場もよく使いたい場合は、おすすめです。

我が家も、ここが決め手になりました^^


かといって、夏場は除湿性能が落ちるということもありませんでした。

購入前は、「デシカントは冬の除湿が得意」って
意見が多かったので、夏に除湿性能が落ちるかも?
と、少しは心配していたのですが、大丈夫でした(#^.^#)

結露対策も、冬の使用となるので、デシカント式が良いでしょうね。

スポンサーリンク

運転音が静か!

デシカント式は、コンプレッサーを搭載していない分、
基本的に音が小さめです。


例えば、寝室やリビングで結露対策、又は夜間に使用する場合は、
デシカント式がおすすめで、音のイメージは、
台所の換気扇の「中」くらいでしょうか。

軽量でコンパクト!

デシカント式は、コンプレッサーがないので、
軽量でコンパクトです。

片手で持てる大きさなので、移動も楽ですよ。

大きさに関しては、

デシカント < コンプレッサー < ハイブリッド

です。

うちでは、狭い脱衣所で使うため、
邪魔にならない、デシカントを選びました。

もう1つデシカントで良かった点!

除湿機の温風の吹きだし口

上記の他に、デシカントで良かった点があります^^

温風を当てて衣類乾燥

衣類を乾かすコツは、風です。この除湿機は、乾いた温風が出て、衣類に風を当てることができるので、びっくりするほど早く乾きます。早く乾くので、電気代も少なくてすんでいます(^_^)v

デシカント式のデメリットはどうだった?

上記で出てきたデメリットですが、
我が家では次のような使用感・感想です。

ヒーターを使う分消費電力が大きい?

一般的に、電気代が高めと言われている
デシカントですが、これは特に感じません。


使っていなかった頃と比較すると、
数百円高くなっていたり、逆に安くなっていたり。。。

他の要因もあるでしょうし、これはハッキリ言えません。

ただ、電気代が高くなった!という実感は、特にありません

気温の高い時期はやや除湿が苦手?

これは、「コンプレッサーよりは」と前につきます。

そのため我が家では、梅雨の時も、
夏真っ盛りの時期も、問題なく除湿できています。

ただ、真夏はさすがに、4、5時間で乾きますので
ほとんど外に干します(^^;

部屋の温度が上がる?

暑い2


温度は、上がります。

冬は、あったかくなり(^▽^)

夏は、暑くなります(+_+)


なので、夏場も人が頻繁に使うような場所で使いたい人場合には
向いていないかもしれません。

我が家では脱衣所で使っていて、夜干して脱衣所の扉を閉めた状態で、
朝まで付けっぱなしですので、特に問題ありません。


次に、コンプレッサー式の除湿機の仕組みと、
メリット・デメリットです。

エアコンと同じ除湿法!コンプレッサー式

空気を圧縮するコンプレッサーで、冷媒を循環させることで、
空気を冷やして結露させ、水分を取り除きます。

ちょうど、エアコンの除湿と同じ方式です^^

冷風や温風を吹きだす機能が、搭載されている機種もあって、
ちょっと迷いました。

使う場所が、脱衣所だったので、夏場の風呂上がりに
扇風機いらないかも?って、思うと欲しくなりました^^

コンプレッサー式のメリット・デメリット

メリットは?

  • デシカント方式より、消費電力が小さい
  • 室温の上昇が1~2度と少ない

デメリットは?

  • コンプレッサーの振動音が大きい
  • 本体が大きめで、重い
  • 冬場など気温の低い時期の、衣類乾燥や除湿が苦手


この、気温の低い時期の除湿が苦手という部分が、
我が家では、致命的でした。

逆に、気温が高い時の除湿は、得意なようです。


次は、両方を兼ね備えた、ハイブリッド式です。

両方の機能を持つ!ハイブリット除湿器

もうそのままスバリ、コンプレッサー式と、
デシカント式の両方の機能を持っています。

状況に合う適切な方式で除湿できるのがメリットで、
デメリットは、両方の機能を搭載している分、
本体サイズが大きく重くなり、値段も高く(4~5万)なります。

機能的には申し分ないのですが、機種自体の数も少なく、
良いとこどりの分、値段も高いので、管理人は選びませんでした。

さいごに

上記の除湿方式ごとの、メリット・デメリットを比較して、
我が家では、デシカント式の除湿機を買いました。

結果として、とても気に入っていて、
うちでは、「もっと早く買えば良かったね~^^」
と嫁さんと話しています。

嫁さん曰く、「部屋干しの救世主!」だそうです(*´ω`)

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です