電気代の計算はどうやるの?エアコンの暖房費はこう求める!

エアコン

寒い時期に欠かせない相棒、エアコン

みんな寒がりな我が家は今年の冬もフル稼働です。でも、それ故に電気代がどの位高くなるのかヒヤヒヤ(^_^;)

エアコンって実際のところ、どの位電気代がかかっているのか、主婦の方なら1度は気になるポイントですよね。そこで、気になる事は早めに解決してみよう!と、エアコンの電気代を計算してみることにしました♪

かんたんに、電気代の計算をエアコンの暖房で行ってみたいと思います。

電気代の計算は?簡単な計算方法はコレ!

エアコンで暖房を使っている部屋の広さや、メーカー、外気温との差など、様々な状況で電気代は変わってきます

だから、エアコンは1時間に○○○円かかります!と、断定はできないんですが、ザックリとした電気代は結構簡単に計算できるんですよ(^-^)

それは・・・

電気代を求める式

電気代 = 消費電力[kw] × 単価[円/kwh] × 1日に電気を使う時間[h]

この式に当てはめてみてください。消費電力はエアコンの取扱説明書に書いてありますよ◎

それがない人は、エアコンの型番号とメーカーを検索すれば、ネットで簡単にわかります。もちろん、エアコンの暖房だけでなく、他の電化製品の電気代の求め方も同じです。

とは言え、そんなにザックリ言われても!と思いますよね(^_^;)

そこで、次では例を挙げてご紹介します。

スポンサーリンク

電気代を富士通ゼネラルのRシリーズで計算してみる!

お金の計算

富士通ゼネラルのRシリーズ AS-R22Eというエアコンを例に計算してみます。

電気代の計算条件

  • 消費電力:520W(6~7畳)
  • 電気の単価:19.43円(第1段階料金・2016年2月)
  • 1日の平均使用時間:3時間
    出典:ウェザーニューズHPより

これらの条件で、上でご紹介した式に当てはめて計算してみます。

0.520[kw] × 19.43[円/kwh] × 3[h] = 30.3108[円]

この場合、1日のエアコン代は約30円、1時間で約10円ですね(^-^)

1か月使用するなら、1日30円×30日=約900円です。

仮に1日に8時間ほど使うとした場合は、1日約80円となり、1か月で約2,400円となります。

電気代を安定して節約するコツ!

ガッツポーズの女性

上記で1日、1時間の代金がわかりましたが、実際は最初にも書いたとおり、外気温との差などで電気代は変動します。設定温度と外気温があまりにも離れていると、その分電気代は上がってしまうというわけです。

そこで電気代を安定させ、節約するコツです。賢く使って、できるだけ節約しましょう!

エアコンの節約ポイント!

  1. 自動運転にする
  2. 暖房の設定温度は低めの20度~22度
  3. 風向きは下にする
  4. こまめにつけたり消したりしない

最近のエアコンはとっても優秀で、切ったり入れたりしてアレコレ設定をいじるよりも、機械任せにしておく方が暖かく、上手に節電できますよ♪

しかし、暖房代を計算したところで果たしてそれは一般的に安いのか、気になるところ。そこで全国の冬の電気代平均をまとめてみました。

スポンサーリンク

冬の電気代の平均額はいくらなの?

年間で1番寒い1~2月が、やはり一番電気代が高くなります。(沖縄を除く)

家計の電気代の平均額

  • 北海道地方;約12,000円
  • 東北地方:約14,700円
  • 関東地方:約14,000円
  • 中部地方:海側・約13,500円/山側・約16,800円
  • 関西地方:約12,600円
  • 中国地方:約13,900円
  • 四国地方:約14,500円
  • 九州地方:約10,500円
  • 沖縄地方:約7,800円
  • 全国平均:約13,000円

出典:電力比較サイト エネチェンジHPより

自分の家の電気代と比べていかがですか?

ちなみに我が家は、冬の電気代は余裕で1万円を超えているので結構高めだと思っていましたが、割と平均値なので安心しました( ´∀`)

しかし、春や秋のエアコンを使わない時期の電気代はもっと安いので、倍近くに上がっていてビックリしましたが(^_^;

さいごに

エアコンの暖房費(電気代)の計算方法 のご紹介でした!

私と同様に、「アレ?我が家の暖房代ちょっと高い?」と危機感を持った方、「やった~!節電成功してる♪」と喜んだ方、様々でしょう。どちらだったとしても、明確な数字が分かると節電をするにも対策が取れていいですよね(^-^)

ささっと計算できる式なので、是非1度トライしてみてください。地球に優しく自分と財布にも優しく、暖かい冬を過ごしましょう~♪

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です