文化祭のステージ発表!ネタのオススメ5選!

ステージのマイク

秋のビッグイベント文化祭

何カ月も前から構想を練りだして、準備に時間をかけて・・・

全力を注ぐイベントですよね。

学校によっては、最優秀賞などの受賞もかかっているので、本気のクラスも多いのでは?

スポンサーリンク

文化祭の花形と言えば、やはりステージ発表じゃないかと思います(^v^)
パッと思いつくのは、演劇やダンスですね。

でも、他にも面白いものは沢山あるんですよ~!

今回は、そんな文化祭のステージ発表のネタをご紹介しますね。

文化祭のステージ発表でおすすめのネタ!

オススメのステージ発表のネタは、以下の5つです。ビシっと決まるとどれも盛り上がりますよ(#^.^#)

では、それぞれ見てみましょう^^

チアリーディング

踊って応援するイメージのチアですが、そちらではなく選手権などで見ることのできる、アクロバティックな方です。

これを、もう少し簡単なものにして、チャレンジします。

こちらの動画のチアリーディングは、高い身体能力が求められる印象ですが、技によっては誰でもできるものも沢山あります。

女子競技のイメージがあるので、男子が挑戦しにくい気持ちもあるかもしれませんが、衣装や構成次第で、カッコよくなりますよ(#^.^#)

練習をする前には怪我をしないように、念入りな準備体操はかかせません。

できれば朝の会などを使って、毎日すると良いと思います。

また、安全性を考慮して、練習には必ずマットを用いてくださいね(^v^)

無理をせず、適材適所を心がけて、構成を考えましょう。

ダンス:フラッシュモブ

ステージ発表といえば、ダンスですね。

でも、最初からみんなで舞台に立ってダンスをするのじゃ、つまらない!

そこで、フラッシュモブを取り入れると、新鮮さが加わります(#^.^#)

ステージの幕が上がっても、舞台には誰も立っていない

観客が「あれ?」っとざわざわしている中、音楽スタートです。

そして、観客の中に紛れているメンバーが踊りながら徐々に舞台に集合する

というような構成で進めます。

これをするにあたっての注意点は、観客の中に紛れ込む時に「目立たないこと」です。

最初から、しっかりお揃いの衣装を着ていたらバレる可能性が高くなりますからね(笑)

また、前回かわいいダンス曲について、記事にしました!良かったらご覧ください。

文化祭のダンス曲!かわいい曲オススメ8選!

成功するとカッコいい!殺陣(たて)

歴史ものの映画などではよく見かけます。

ぱっと思いつくもので言うと、映画「るろうに剣心」での戦闘シーン

とってもかっこいいですよね(^v^)

刀を持って、和服を着るとビシッと決まると思います。

殺陣をする際には、足に力を入れやすくするために足袋を履くのがオススメです。

また、明るい舞台上で殺陣をするのも良いですが、暗くしてスポットライトを当てての殺陣も素敵ですよ。

人の動きに合わせて、効果音を加えるとより凄味が増します。

パソコン関係に強い人がクラスに居る場合は、挑戦してみてください!

スポンサーリンク

映画

事前に撮った映画を、当日上映します。

これのメリットは、文化祭当日に直接出演するものや店番がないため、全力で遊べるという事です(笑)

ただし、事前準備でやることは沢山なんですけどね(^_^;

高校生の時に、映画撮影をした友人に聞いたのですが・・・

  • 舞台・人物設定を決めるのに1週間
  • 台本が出来るまでに1週間
  • 大道具・小道具・衣装準備に1週間以上
  • 撮影・編集に2週間

ほぼ毎日、学校に入り浸って準備をしたそうです。
(土日ももちろん登校)

でも、それだけ良いものができた!
とのことです(#^.^#)

大縄跳び

縄を複数本使っての大縄跳びは、大迫力です。

一定方向にひたすら飛ぶのではなく、あちらこちらから入り乱れて飛ぶのがオススメです。

また、片足のみや、逆立ち、側転などのパフォーマンスを織り交ぜます。

飛びながら、あっち向いてホイやダンスバトルなどをしても盛り上がります。

使う本数分の大縄があれば、学校以外でも練習できるのがメリットですね^^

さて、ここまでで、ステージ企画をいくつかご紹介してきましたが・・・

ステージに上がるにあたって、押さえておきたいポイントがあります。

次で、そちらを見てみましょう!

ステージ発表を成功させるコツ!

成功の確率を高めるコツとポイントです。

参考にしてくださいね♪

ステージ発表を成功させるコツ
  1. 失敗しても堂々とする

    本番、緊張してミスをしてしまうことは誰にでもあります。そんな時は、落ち着いてください。
    大丈夫です^^

    ミスに気を取られて、その場で固まってしまったり、思わず口を押さえたりすると返って目立ちます。
    失敗していないフリしましょう!

  2. 衣装はそろえる

    全員の衣装を揃えると、かっこよさや完成度が、割り増しして見えます。メーカーまで揃える必要はありませんが、服の形と色は合わせましょう

  3. 恥ずかしさを捨てる

    大勢の前に立つのは、とても恥ずかしい!と言う人も沢山いると思います。恥ずかしさゆえに、とても身振りが小さい・・なんてありがちです。
    でも、目立ちたくないから、小さい身振りにするのは、大間違いです。舞台上では、かえって悪目立ちしてしまいます(^^;

    全身を使って、周りと動きを合わせましょう。

  4. 終わりの礼はキッチリと

    発表が終わって退場する前には、クラス全員でビシッと揃えた礼をします。それだけで、観客に与える印象が変わりますよ(*_ _)ペコリ

以上の4つを押さえておけば、ステージで大すべりすることは、まずありません。
頑張ってくださいね!

さいごに

文化祭のステージ発表のネタでした!

人生で、たった数回しかない文化祭。

大人になると、その有難みは半端ないですよ(笑)

とことん楽しんでくださいね(^v^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。