快眠入浴法!お風呂でリラックスしてグッスリ!

朝までグッスリ眠りたい!

仕事や家事に忙しく働いている現代人は、
快眠して心身の疲れを取ることが、とっても大切ですよね。

だけど、疲れすぎていたりすると、なかなか寝付けなかったり、
一応寝たものの、なんだか疲れが抜けていない・・・

そんなこと、ありませんか?


管理人も、以前はそんな時がありました。

超忙しくて、帰宅が深夜になるものの、
仕事のプレッシャーが大きくて、かなり疲れているのに、
眠りが浅い日が続いたんです。

首はこってガチガチだし、会議では眠くてボーっと
してしまうこともしばしば、腰も痛くて、たまに左脚がしびれてました・・・

これは、マズい!

ということで、快眠するための方法を、
長い年月をかけて模索してきました。


おかげで、今では布団に入ってから、1分、
どんなに長くても、5分で眠れるようになりました。

正直、速すぎな気もするくらいです(^^;

そこで今回は、快眠方法の1つである、
快眠するための入浴法をご紹介しますね!

これで、快眠に1つ近づきますよ( ´∀`)b

目指すはリラックスと脱力!

あくび


まず、どうして快眠するために、入浴が良いのでしょう?

入浴には、体温調節や疲労回復
体をほぐして眠りやすくする効果があります。

しかし!

入浴にしても、ストレッチにしても、
目指すべき共通の、もっと大きな目的があります。


そう、それは・・・

リラックスと脱力です!!

体が脱力して、リラックスした状態※は、
入眠するには最適なんです^^

※副交感神経が優位になった状態

副交感神経:体を休息させるモードで、血圧や脈拍、呼吸数ともに下がって落ち着いた状態


お風呂で、脱力したカラダと、
リラックスしたココロを作るイメージです。


そのため、お風呂に入る時は、このリラックスと脱力を、
頭の隅においておきましょう。

この2つが達成されれば、あとは
布団に入りさえすれば、勝手に眠ってしまいますよ^^

でも、あまり意識しすぎると逆効果なので、
ゆる~く、目指しましょう( ´∀`)

では、リラックスするための入浴方法を見てみましょう!

スポンサーリンク

快眠のオススメ入浴法!

風呂


では、なぜお風呂に入ると、眠りやすくなるのでしょうか?

それは、

体温が睡眠に深く関係しているんです。


人間は眠りに入る時、体温が下がります。
(体が自然と下げようとします)

よく赤ちゃんって、眠くなってくると、
手や足が温かくなるでしょう?

あれは、手足から熱を放出しているんです^^


もちろん大人も一緒で、熱を放出して体温を下げているのですが・・・

寝つきが良くない場合は、この体温調節が、
うまくできていない可能性があります。

そこで、入浴で一時的に体温を少し上げておいて、
体がさめてくるタイミングで、布団に入ることで、
眠りやすくなるというワケです。


そのため、入浴の温度や入るタイミングも、
できれば次の点をおさえておくと、なお良いですよ♪

ぐっすり眠るためのポイント!

ぐっすり眠るための入浴のポイントは、次の2つです。

入浴のポイント!

  • お湯の温度:41度以下(自分が気持ちの良い温度
  • 入浴のタイミング:30分~2時間後に眠れるように


それぞれ見てみましょう!

ポイント1!温度は自分が気持ちの良い熱さ

お湯の温度は、熱すぎると体が興奮※して、
リラックスできません。

※交感神経が優位になってしまう

交感神経:頭や体を活発に動かすモードで、血圧や脈拍、呼吸数ともに上がる状態。


そのため、そんなに熱くない方が良いのですが、
よく言われる、ぬるめの温度(38~39度とか)は、
私の場合、ちょっともの足りません。

冬なんかは寒いです(≧_≦)

体温も人それぞれだったりしますので、
ご自分で、良い気持ち~( ´∀`)と思える温度を選べば、OKです^^

ちなみに管理人は、春夏は40~41度、秋冬は42~43度の設定です。

ポイント2!入浴のタイミング!

お風呂に入るタイミングは、この温度によって
変わってきます。

ぬるめのお湯が好きな方は、入浴後30分~1時間くらい
お布団に入りましょう。

熱めのお湯が好きな方は、入浴後2時間くらい
お布団に入れば、その頃ちょうど良い感じに、体温が下がり始めます。


これらのことを実践すれば、入浴を効果的に使えますよ♪

次は、ちょっと時間がないな~という時の
入浴方法を見てみましょう。

スポンサーリンク

時間がない時は?超簡易バージョンその1シャワー!

シャワー


今日はお風呂をわかす時間がないよ~(≧_≦)

とか、

夏は暑くて、湯船につかる気がしない!

なんて時もあるかもしれませんね。


そんな時は、シャワーもアリです。

ベタつく肌も、シャワーでサッパリしますし、
水圧が体の表面を刺激して、血行も促進されます。

ただ、シャワーの場合も、できるだけリラックスして、
副交感神経を優位にするために、熱いお湯は避けましょう

熱めのお湯は、やはり交感神経を刺激して、
眠りにくくなります。


そして、首筋や肩などを少し長めに、強めの水流で刺激すると、
程よく緊張がほぐれますよ^^

時間がない時は?超簡易バージョンその2足湯!

時間がない時や、足が冷えて眠れない時は、足湯もおすすめです。


足湯は、足首がつかるくらいの大きめのバケツに、
少し熱めのお湯(43度くらい)を入れます。

そのまま10分くらい、雑誌を読んだりしつつ足湯をしましょう。

お湯が足を温めて血行を促進してくれるので、ポカポカになりますよ^^


これ、用意がちょっとだけ面倒ですが、めちゃくちゃ気持ちよく眠れます


洗面所や脱衣所などにイスを運んで行うと、お湯の扱いが楽で良いですよ。

上記の、シャワーだけの日と、組み合わせるのもオススメできますし、
良かったら試してみてください^^

ちなみに、風邪気味の時にもすごく良いですよ!

まとめ

快眠のための入浴はいかがでしたか?

目標はリラックスと脱力、ポイントは、
気持ちの良い温度と、タイミングでした!

ぜひ実践して、健やかな眠りを手に入れてください^^

そして、ストレッチを組み合わせると、
快眠効果も倍増です。

良かったらご覧くださいませ!

快眠にはストレッチ!簡単な方法でおやすみなさい~

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です