睡眠不足による頭痛や吐き気!やわらげるオススメ方法!

「ううっ気持ち悪い・・・(≧_≦)」

睡眠不足で、つらい頭痛や、吐き気がくることってありませんか?

私は、けっこうありました。本当に辛かったことを覚えています(≧_≦)

睡眠を7時間くらいとっていれば、問題ないのですが、
仕事が忙しかったりで、寝不足の日が続くと、

睡眠不足が原因の、頭痛や吐き気に襲われます(;∀;)


吐き気までいくと、本当に辛いですよね!

でも、ある方法を試すようになってから、
睡眠不足からくる辛い症状が、激減したんです。

といっても家でタオルなどを使って簡単にできるものです^^


も~これをやるようになってから、本当に楽になりました。

とても良い方法なので、当記事をご覧の、
悩める同士にもご紹介します!

では、いってみましょう!

首をホットタオルで温める!

頭痛に悩む女性


睡眠不足からくる、頭痛や吐き気を予防する方法、
それは、ホットタオル温熱療法です。

ホットタオル温熱療法とは、

温めた蒸しタオルで、首すじ&後頭部を温めることで、首や後頭部の血行を良くして、コリをほぐす方法です。

実際に管理人が、毎日実行しているんですが、
首コリ・吐き気・頭痛が激減しました( ´∀`)

ではどうして、首を温めると、頭痛や吐き気が
やわらぐのでしょうか?

スポンサーリンク

首を温めると、頭痛や吐き気が良くなるの?

ホットタオル6


なぜホットタオルで首すじや後頭部を温めると、
頭痛や吐き気が改善するのでしょう?

私の場合は、いきなりではなく、
次の順序で吐き気にまで到達します。

睡眠不足が続くと・・・

  1. 睡眠不足が続く
  2. 首がこってくる
  3. 首コリから頭痛がでる
  4. 首コリ・頭痛がひどくなると吐き気もおこる


だいたい、いつもこんな感じで、
首がガチガチになります(*´Д`)


東京脳神経センターの理事長をつとめておられる、
松井孝嘉先生によりますと、

首は、大事な神経や血管がたくさん通っていて、
さらに副交感神経を司る、大切な場所でもある。

これが首がこることで、神経や血管は圧迫され、
副交感神経の働きも阻害されて、自律神経が不調になってしまう。

とのことです。


なので、首をホットタオルで温めて、
血流を良くして首コリを改善しよう!

これが頭痛と吐き気に効果的ですよ~
というわけです^^

でも、温タオルって面倒じゃないの?

温かい蒸しタオルは、試された方もいらっしゃるかもしれません。

確かに温かくて気持ち良いけど、
とても面倒くさくなかったですか?

温かい蒸しタオルは面倒?

  • 蒸しタオルを用意する手間・・・
  • 濡れたタオルを後片付けする手間・・・

毎日やってられません(*´Д`)

私も同じで、蒸しタオルは挫折しました。。。


でも、効果は感じたので、色々と試行錯誤しているうちに、
超絶楽チンな方法に出会いました(^▽^)

先ほどの、松井孝嘉先生の本にのっていた方法を、
自分なりに改良しました。

題名:1日5分 副交感神経アップで健康になれる!「首」にすべての原因があった 著者:松井孝嘉

首コリや頭痛でお悩みの方には、おすすめです^^

タオルをラップで包む

ホットタオルの簡単な作り方は、
濡らしたタオルをラップで2重に包んでしまう方法です。

それを寝る前に電子レンジで1、2分チンするだけ。

で、毎日チンするわけなので、タオルも殺菌され、
変なニオイやカビも出てきません^^

とっても楽チンです。

では、どうやってホットタオルを作るのか、次で見ていきましょう!

スポンサーリンク

首コリ改善!ホットタオルの作り方

それでは、ホットタオルの作り方です。

まず、長めのラップと、
やや厚手のタオルと薄手のタオルを用意します。

温湿布材料


次に、厚手のタオルをたたみます。
縦20cm×横10cmくらいでOKです。

たためたら、厚手のタオルをラップでまきます。

ホットタオル3


まく時は、できるだけ丁寧にまきます。
スキマがあると、あとで熱い蒸気がもれて熱いので!

ホットタオル4


さらに、もう一度ラップでまきます。
この時、1回目にまいた時と、縦と横の向きを変えます。

ホットタオル5


ラップでまき終わりました。


これを電子レンジでチンします。

600wですと、だいたい50秒、裏返してもう1回50秒温めます。

夏場と冬場では気温がかなり違いますので、
秒数は適宜増減してくださいね^^

私は冬は片面1分ずつくらいで、合計2分温めます。

チンが終わったら、レンジから取り出したホットタオルを、
薄手のタオルで包みます。

チンしたては、本当に熱いのでご注意ください。あと、首をのせた時に蒸気がもれないよう、最初は特にご注意ください!

これで、完成です。

枕にのせ、赤丸のあたりに
首すじがあたるようにして寝ます。

温湿布タオルを薄手タオルで包む2


ある程度温まったら外しても良いですし、
そのまま眠ってしまっても大丈夫です。

特に、首が冷えるようなことは、私はありませんでした。


さらに、私は目が疲れやすいので、首が温まったら、
次はそのまま、目の上にタオルをあてたりもしています。

目の疲れにとても効果的なんですよ~^^


私は3週間~1カ月くらいで、ホットタオルを作り直しています。

ホットタオルとして長く使用していると、タオルがごわごわになりますので、高級なブランドタオルなどは避けた方が無難です。

以上、とてもシンプルですが、効果絶大なホットタオルでした!

さいごに

いかがでしたか?

もう、2年くらい続けていますが、睡眠不足からくる
頭痛や吐き気に、悩まされることは、ほとんどなくなりました。

忙しい時に限って、頭痛になるので、
痛いし辛いしで困っていたのですが、本当に助かりました。

良かったら、是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です