リーバイスの501!赤耳リジッドの色落ちレポート!

はい、そこのデニム好きのアナタ!

カッコ良く色落ちするジーンズをお探しで、
リーバイスの501はどうだろう?って思われましたね?

私も、レプリカではないリジットの501を買う前に、
同じように、「リーバイス 色落ち」とかで検索しました。

でも、かなり調べまくったんですが、その時はあまり、
良い情報には出会えなかったんです(ノД`)・゜・。


しばらく、迷える子羊状態だったんですが、思い切って
レギュラーモデル(2013年発売)のリーバイスの赤耳つきを購入しました。


私の買った501は、モデルチェンジしたばかりだったせいか、
色落ちが良いとも悪いとも、情報はありませんでしたので、
「やっぱジーパンは501だろっ!」と、テンション上げて買いました(笑)


そこで、同じような購入を迷っている方のために、
私のリーバイス501の、色落ち具合をレポートいたします!

まだまだ色落ちの途中ですが、ヴィンテージレプリカではない、
普通(赤耳ですが)のリーバイス501が、どんな色落ちをするのか、見ていってくださいませ~

スポンサーリンク

購入した赤耳501はこんなモデル!

<洗濯11回2年ほど経った状態>
リーバイス501洗濯11回目前


私が2012年9月に買ったリーバイスの501(型番00501-1165)は、
2011年に発売されたモデルです。


赤耳などのヴィンテージデティールを、
ちょっぴり取り入れた、レギュラー版の501です。

価格は、13,000円+消費税でした。


2015年6月現在は、もう製造はしていないモデルですが、
楽天などのネットショップでは、定価プラスアルファくらいで売っていますね。

購入当時は、次のような条件で、
手軽に育てられるジーンズを探していました。

こんなジーンズが欲しかった

  • 赤耳つき
    赤耳が大好きで、赤耳がついていないジーンズは履く気にならない
  • ノンウォッシュのリジットデニム
  • シルエットはできれば細身が良い
    501はそんなに細身ではなかった
  • 濃淡のはっきりした色落ちをしたい
    ここは未確認のまま購入
  • 予算は1万数千円ほど
  • ヴィンテージレプリカはパス
    欲しいけど、約3万円という値段は予算オーバー


こんな感じで、探していました。

で、リーバイスの501が割と条件に合うことがわかりました。

しかし、レギュラーモデルの501は、
色落ちについて、次のような情報がありました。

501の色落ちのウワサ

  • リーバイスのレギュラーモデルは、色落ちがしにくい
  • メリハリなく全体に薄くなるような色落ち


うーーーん・・・

悩みました。

時間はかかっても良いのですが、のっぺりとした色落ちは困ります。


迷いましたが、赤耳を使った生地であるため、
この情報は、「当てはまらない」ことに賭けました。

また、

ジーンズの代名詞である501も1本くらい持っていたい

という思いも手伝い、501に決定しました(#^.^#)

<追記>
3年履いてみてわかりました。確かに、APCのように適当に履いても濃淡の出やすいジーンズではありません。「のっぺりとした色落ち」に近いです(^_^;
もちろん、履き方や洗濯の仕方にもよるかもしれませんが、私の賭けは外れました。


そんな、購入したリーバイスの501
(型番00501-1165)の特徴です。

型番00501-1165の特徴

  • お尻のポケットのアーキュエットステッチは浅め
  • 紙パッチではなくレザーパッチ
  • 12.5オンスのデニム
  • 赤耳つき
  • コインポケットにも赤耳
  • シュリンクトゥフィット
  • MADE IN CHINA
  • ひざ下のラインはストレート(2008年の改良モデル)
  • フロントはボタンフライ


もう少し細身で且つ、ひざ下はテーパード、
あと中国製以外なら良かったのですが、このあたりは妥協しました。


次に、色落ちの具合です。

スポンサーリンク

レギュラーリーバイスの色落ち経過は?

購入してから現在で約3年弱が経過して、石鹸洗剤での洗濯を15回しました。

最初に糊落としで洗濯した後、40分ほど、コインランドリーの
大きなガス式乾燥機で、一気に乾燥させ、縮ませました

コインランドリーの乾燥機


その後、6ヶ月間は週末に履く程度(約300時間)、
次の1年半は、真夏以外は月の半分は履き(約1200時間)ました。

その次の1年弱は、週に1、2回履くという程度で、時間ははかっていませんが、
履いた日数から、約200時間ほどと思います。

合計1700時間ほど履いたことになりますね。

ただ、家の中で履くことが圧倒的に多かったです。

2012年9月購入時

まずは、購入時と糊落とし後の姿です。

ノンウォッシュなので、生地はパリっとしていて固いです。

この感じ、大好きです( ´∀`)

購入時バックポケット


数回ノンウォッシュで履いたあと、糊落としの洗濯を行いました。

洗濯機の水は真っ青になりましたが、見た目は濃紺のままです。

洗濯1回フロント


縮みは、ウエストが2~3センチ、レングスが2センチほど縮みました。

洗濯1回全体

2013年3月洗濯3回目~5回目

購入半年後、3回目の洗濯を行いました。

まだヒゲやアタリは、確認できません。

リーバイス501洗濯3回バックポケット


その2カ月後、洗濯5回目です。

生地が、柔らかくなってきましたが、色落ちはまだまだです。

洗濯5回全体


全体的に、青くなってきましたが、ヒゲはまだ確認できません

ちょっと色落ち遅いのでは~?という印象です。

2014年1月洗濯9回目

その後、7ヶ月経過しました。

ここまで、月の半分は朝から晩まで履いていましたが、
たいした変化は見られませんでしたので、割愛します(^^;

で、洗濯9回目にして、色落ちらしい濃淡が、少し出てきました。

リーバイス501洗濯9回バックポケット


赤耳のアタリも薄いですが確認できます。

501洗濯9回赤耳アタリ


ヒゲは良くみると、確認できるようになってきました。

リーバイス501洗濯9回全体


ハチノスは、超うっすらとわかる程度です(^^;

リーバイス501洗濯9回全体後ろ


次は2014年8月で、購入してから約2年履いた状態です。

さあ、どうなっているでしょうか?

2014年8月洗濯11回目

上記の7カ月後で、洗濯回数は11回になりました。

今回は着たところなので、シルエットの確認にもどうぞ^^

リーバイス501洗濯11回目前


管理人は、身長174センチ、体重52キロで、
ジーンズはW28インチです。

すそ上げはしていませんので、1回浅くロールアップするくらいが、
ちょうど良い長さです。

後ろから。

洗濯11回目後


手にとって見ると、色落ち始まったな~
とは思えるのですが、まだまだですね。

リーバイス洗濯11回目ヒップアップ


後ろポケットのアタリです。

リーバイス501洗濯11回バックポケットアタリ


最後は、その後1年弱経過した、2015年4月です。

2015年4月洗濯15回目

あまり履かなくなってきましたが、たまに履いて、
たまに洗って、という適当な扱いになってきました(笑)

洗濯15回目全体


まだまだですが、ヒゲも普通に確認できるようになってきて、
だいぶ色落ちジーンズっぽく、なってきました。

洗濯15回目前ポケット


裾も擦り切れ始めています。

洗濯15回目裾


と、ここでちょっと問題が。

このジーンズは28インチなのですが、ウェストが
少しきつくなってきました。

私はウエストの実寸が67センチくらいですが、
第一ボタンは常に開けている感じです。

そのため、最近は履く機会が減ってきてしまいました(^_^;

さいごに:約3年近く履いてみた感想

約3年近く履いてみましたが、リーバイスの501は、

濃淡が出にくく色落ちは遅いと感じています。

ちなみに、比較したジーンズのうちの1つ、APCはこちらです。

APCのデニムの色落ちは?2年洗濯せずに履くとこうなった!


そのため、濃淡のハッキリした色落ちジーンズを早く楽しみたい!
と思う方には、あまりオススメはしません。

そうではなくて、濃淡の少ないブルージーンズが好みの方には、
むいているジーンズと言えますね^^

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です