ミカン食べ過ぎ?肌が黄色くなる仕組みとは

ミカン食べ過ぎで肌が黄色に

「あんた、ミカン食べ過ぎると肌が黄色くなるよ!
って言われた事、聞いた事、ありませんか?

あれ、本当に黄色くなりますよ~

うちの子も元は真っ白だったのに、みかんを食べすぎて黄色くなって、その後色黒の人になってしまいました(T_T)

なんてこった!ということで周囲の人に聴くものの、黄色くなる仕組みを知ってる人がいたかというと、答えは否。真実を知っている人は、結構少ないのが現実です。


そこで今回は、ミカンの事を徹底調査!

ミカンの食べ過ぎで肌が黄色く仕組みをご紹介します♪

そして、みかんは美味しくて栄養分も豊富なので、黄色くならない範囲で食べたいミカンの、栄養分もチェックしておきましょう^^

ミカンの食べ過ぎで肌が黄色くなる仕組み!

ミカンは「双子葉植物」と言われていて、その種類はなんと約900種類もあります。一般的に知られているのは、果樹ですが、香辛料に使われるものや、薬用、観賞用のものまで様々です。

良い匂いのものが多いですが、中にはとっても臭いものもあります(!)

有毒のものも存在するので、ミカンに似ていても野生のものは食べないようにしてくださいね。

ミカンの食べすぎでお肌は黄色くなるのか?

答えはYES!本当に黄色くなってしまいます(^^;

驚く女性

やはりミカンの食べ過ぎで黄色くなったように感じた我が子は、実際に黄色くなっていたようです(^_^;

その原因となっているのが「βカロテン(ベータカロテン)」という色素。

黄色い色素なのですが、ミカンにはこれが豊富に含まれているんです。

【βカロテンとは】

柑橘類や人参、マンゴーやカボチャに多く含まれている色素です。これを摂取しすぎると、血液中に含まれるβカロテンが高濃度になり、手のひらや足の裏、鼻などから色素沈着を起こしはじめます。酷い場合には、全身に及ぶ事も。

しかし、黄色くなるだけで、悪影響は何もないので安心してください(^^)

βカロテンの摂りすぎでお肌が黄色くなってしまう事を「柑皮症(かんぴしょう)」と言います。

スポンサーリンク

みかんの食べ過ぎによる柑皮症とは?

皮膚がミカンの皮のように黄色くなることから、柑皮症と呼ばれています。

柑皮症は、手のひら、足裏、鼻等の肌が黄色くなるだけで、特に他の問題はありません。ただ、ごく稀に、内分泌異常や新陳代謝異常によって、治療が必要になってくることもあります。

しかし、何にせよ、大本の原因となった「ミカンの食べ過ぎ」(βカロテンの摂り過ぎ)を止めれば、自然と治っていきます◎

ですから、焦って病院に行く必要はありませんよ(^^)

とはいえ、うちの子は白く戻っていない気がします(-.-;)

柑皮症のように、肌が黄色くなる症状の病気「黄疸」には注意してください。黄疸と柑皮症の違いは、黄疸は白目の部分が黄色みがかってきますので、判断しやすいです。

ミカンの栄養素と身体への働き

ミカンにはビタミンCが豊富に含まれています。1日2個程食べれば、1日のビタミンC必要量が取れてしまうという驚きの含有量!

こたつに入って、ボーっと食べていればあっという間ですよね(^_^)

更に、ビタミンCだけでなく、他の良いものも沢山含まれています♪

まずは、疲労回復に効果的なクエン酸
ペクチンと呼ばれる、食物繊維
血液や血管を元気にしてくれる、ヘスペリジン

部位によって、含まれているものが変わってくるので、細かくご紹介しますね◎

ミカンの実に含まれる栄養素♪

みかんの皮

美味しく食べている実の部分の栄養素です^^

実に含まれる栄養素

  • ビタミンC
    免疫力を上げてくれる効果があります。
    冬、特に注意したい風邪の予防をしてくれたり、風邪をひいてしまった場合の細胞修復のお手伝いをしてくれます。
  • クエン酸
    ダイエットをしている方なら聞いた事のあるはず。
    疲労回復の他に、便秘の解消にも◎
  • βクリプトキサンチン
    ガンへの予防効果が最近わかってきたものです。

続いて、袋とスジの部分です。

スポンサーリンク

みかんの袋とスジに含まれる栄養素♪

ミカンの筋には、肺を潤して、咳や痰を止める働きがあります。残さず食べた方が良さそうですね!

袋とスジに含まれる栄養素

  • ペクチン
    水溶性食物繊維の一種です。
    みかんの袋やスジには、ペクチンが実の4倍も多く含まれています。
    また、コレステロール値を下げる効果もあるんです。
  • ヘスペリジン
    血圧の上昇を防いだり、毛細血管を強化する働きがあります。毛細血管って身体の中でも重要なもので、毛細血管の異常で免疫力が低下したりします。
    また、脳の毛細血管が切れたら脳梗塞にもなるので、ヘスベリジン、摂取しておきたいところですよ~

この他にも、ビタミンB群・ビタミンE・カリウムなども豊富に含まれています。

ミカンは1日2~3個を目安に食べるのがベストですよ(^^)

次は、食べ方も見てみましょう。

ミカンの食べ方!生以外のオススメ

ミカンを水に

生のまま食べて美味しいミカンですが、こんな食べ方も面白く、そして美味しいので良かったらどうぞ♪

みかんの美味しい食べ方

  • 焼いて食べる
    焼きミカンを作るグッズも販売されていますが、トースターで皮のまま2分程度焼けばOKです。甘みが増す上に、身体が暖かくなります。

    みかんは身体を冷やす効果があるので、温めて食べればそれを防ぐ事が出来ます。

    ただ、ミカンには精油成分が含まれているため、一度黒く焼けだすとあっという間に真っ黒に!時々様子を見ながら、焼いてくださいね(^^)

  • ヨーグルトに混ぜる
  • 砂糖漬
    薄皮までササっと向いて、タッパーに入れます。そこに砂糖を多めにかけて、しばらく冷蔵庫に放置。1日~2日置いておけば、ミカンと砂糖が馴染んで美味しくなりますよ◎
    この砂糖漬けと、プレーンヨーグルトを混ぜて食べるのもオススメです。
  • ジュース
    ジューサーで絞って飲むだけ!最高に美味しいオレンジジュースが出来上がります。これは是非一度試していただきたいです(*^^*)

    ミキサーは袋やスジが残って飲みにくいので、ジューサーからミカン絞り器がオススメです♪

更にミカンは食べた後、皮を乾燥させてお風呂に入れてもいいですね(^_^)

ミカン湯は、冷え症や肩こり、腰痛等の改善になるので、最近疲れ気味の方や冬場は冷えてしょうがない!なんて人には、是非試してほしい入浴方法です。

香りも良いので、半身浴の時に使えばリラックスできますよ~♪

さいごに

ミカンの食べ過ぎで肌が黄色くなる仕組みでした!

食べ過ぎると本当に黄色くなるミカン。何事もほどほどが良いようです(^^;

ミカンを食べて、お風呂にも入れて、冬はミカンで健康づくりをしましょう!

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です