iPhoneのフィルム!綺麗な貼り方決定版!

iPhoneって美しいですよね!

前面も後ろも美しく、側面までもが素敵です。

ですが・・・

あの美しさが、想像もつかないくらい、
醜くなったことがあるんです!


それは、iphoneを落として、前面ガラスをバキバキに
割ってしまった時のことでした。。。

iPhoneのガラスが割れた!非公式ショップで修理したレビュー!


新しく買って、約一カ月で割ってしまったものですから、
頑丈なフィルムの必要性を、痛感しましたね(^_^;

もう、絶対に割らない!という意気込みで、頑丈なフィルムを
購入したものの、気泡が入ってしまっては、やはり美しくありません。

そこで、気泡を完全に除去するため、あるブツを使ったところ、
気泡ゼロで、とても美しくフィルムを貼ることができました(# ̄v ̄#)ニヤリ

そこで今回は、iphoneを美しく保つためのフィルムを、
超綺麗に貼るポイント、ご紹介しますね!

では、iPhoneフィルムの貼り方、いってみましょう!

iPhoneフィルムの貼り方!必要な道具

<iPhoneと、液晶保護フィルム>
iPhoneとバフフィルム


では、フィルムを貼る道具達です。

用意する道具

フィルム貼りの道具たち

  • エアダスター
  • メガネ拭き(フィルム付属のクリーナーでもOK)
  • カード(プラスチック製か硬い紙製のもの)
  • 保護フィルム
  • セロテープ


冒頭でご紹介した、あるブツとはエアーダスターです^^


パソコンのパーツなどの、細かい部分のゴミやホコリを、
エアーで吹き飛ばし掃除するものなんですが、これがめちゃくちゃ便利(後述)。

ホームセンターやネットショップで売っています。


メガネ拭きは、100均のものでOKですし、フィルムに付属している場合もあります。

100均のものが大きくて使いやすいです。


カードは、キャッシュカードやクレジットカードなどでOKです。

気泡を押し出す時に使用します。


セロテープは、持ち手にするためと、フィルムと液晶の間に、
ホコリが入ってしまった場合に、取り除くのに使います。


ピンセットが写っていますが、
これは私が側面に細かいフィルムを貼るために用意しました。

前面のフィルムを貼る場合は不要です。

次に、貼り方のコツと手順を見ていきましょう。

スポンサーリンク

フィルムをキレイに貼るコツは?

iPhoneにフィルムをキレイに貼るコツ

  • お風呂で貼る
  • エアダスターでホコリを吹き飛ばす
  • セロテープをフィルムに対角線で貼る
  • テープでホコリを除去


それぞれ、ざっと見ていきましょう。

iPhoneフィルムをお風呂で貼る意味は?

お風呂で貼る意味は、ホコリが圧倒的に少ない空間だからです。

部屋には、服やカーテン、ラグや布団など、
布製品がたくさんあります。

普段は快適に使わせてもらっているこの物達も、
いざ、フィルムを貼る時には、イラっとするホコリの元に
なってしまいます。


そのため普通の部屋では、いくら気をつけても、
ホコリが侵入してしまうため、

ホコリの少ないお風呂で貼る事が、キレイに貼るコツの1つです。

また、よりリスクを減らしたい場合、
自分の服についているホコリも除去する意味で、
全部服を脱ぐのもアリです。

ただ、これは家族に見つかるとかなり気まずいため、
家族の視線と、ホコリ侵入リスクを天秤にかけましょう(´ー`A;)


今回私は、服を着たままで行いましたが、
問題なく、ホコリゼロを実現しました。

フィルム貼りにエアダスターを使う意味は?

エアダスターとiPhone


次に、なぜエアダスターを使うのか?です。

通常、スマホをきれいに拭いてから、フィルムを貼ります。

拭く理由は、指紋や油分を取り除くためと、
ホコリを除去するために、キレイに拭きます。

でも、いくら丁寧に拭いても、必ずといって良いほど、
ホカリは残ります。

この残ったホコリを、フィルムを貼る前にエアダスターで、
ブシュッとひとふきすると、ほぼ、ホコリがゼロになるんです(# ̄v ̄#)ニヤリ


フィルムによっては、入ってしまったホコリを、
セロテープでホコリを取り除くのは、けっこう大変です。

粘着の跡が残ったこともあります。

そこで、エアダスター作戦を思いついたわけですが、
想像以上に良かったというワケなんです^^

セロテープをフィルムに対角線で貼る

テープを持ち手に


これは、画像のように、テープを持ち手とするためです。

貼る時に持ったり、ホコリが入った場合や、
位置がズレて貼り直したい場合に、ここを持ちます。

テープでホコリを除去

テープでホコリをとる


万が一、ホコリが入ってしまった場合、指では取れません

この場合、セロテープを丸めて、ペタペタと取るか、
あれば、エアダスターで吹き飛ばします。

続いて、フィルムの貼り方の手順を見てみましょう。

スポンサーリンク

貼り方の手順をみてみよう!

貼り方の手順です。

iPhoneへのフィルム貼り方の手順

  1. お風呂をわかすorシャワーで蒸気を発生させる
    加湿してホコリを減らします。ほどほどでOKです。逆に入浴後のような、湯気もくもくはいけません。iPhoneが湿気でやられる可能性があります。
  2. 手を石鹸で綺麗に洗う
    ホコリや、油分、静電気を落とします。
  3. メガネふきかクリーナーで液晶をキレイにふく
    ティッシュは細かいゴミが残るので使えません。
  4. 保護フィルムに対角線上にセロテープを貼る
    このテープが持ち手になり、フィルムにふれずに貼る事ができます。
  5. エアダスターで取り除けなかったホコリを除去
  6. 位置を合わせて貼る!
    ホームボタンや、インカメラなどの位置を合わせて、慎重に貼っていきます。
  7. 気泡を押し出す
    用意したカードで気泡を押し出しながら貼っていきます。この場合、カードがフィルムを傷をつけないよう、カードにメガネ拭きをあてて、行いましょう。
  8. ホコリが入った!
    フィルムをめくり、エアダスター又はテープでホコリを除去します。
  9. 完成!


上記の手順通りに、iPhoneにフィルムを貼りました。

見事、ホコリゼロ・気泡ゼロを達成しました!

いかがでしょうか?

綺麗に貼れた


美しいでしょう?( ´∀`)

おわりに

iPhoneへのフィルムの貼り方はいかがでしたか?

簡単そうで、なかなか難しいフィルム貼りですが、

上記の手順通りやれば、きっとうまくいきますので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です