マザーボード取り付け時の注意!スペーサーを忘れないで!

全9回のPCの自作シリーズは、今回で4回目となります。

前回は、電源ユニットの向きに注目して、取付を行いました。

PCの自作!電源ユニットの取り付けの向きは?

わかりやすく電源の取り付け方法を解説していますので、
良かったらこちらもご覧ください^^

さて今回は、マザーボードの取り付けです。


前回の電源ユニットと同様、とっても簡単な取付です。

ただ、注意したいこともあるんです。

それが、スペーサーを忘れずに取り付けてから、
マザボを取り付けましょう、です。

けっこう知らないと、忘れちゃいますからね(^^;

では、スペーサーとマザーボードを取り付けていきましょう!

スペーサーとは?役割は?

マザーボード
<今回取り付けるASUSのH97:9,264円>


マザボを取り付ける手順です。

マザボの取り付け手順

  1. PCケースにスペーサーを取り付ける
  2. PCケースにI/Oパネルを取り付ける
  3. スペーサーにマザーボードを取り付ける


簡単ですね(#^.^#)

まずは、マザボを取り付ける前に、
スペーサーを、先にPCケースに取り付けます。


ここで、スペーサーとは何か見ておきましょう。

こんな部品です。

スペーサー


スペーサーは、1センチもない金属の部品です。

PCケースとマザボを取り付ける際、直接取り付けずに、
間にスペーサーを挟んで取り付けます。


ではこのスペーサー、なぜ取り付けるのでしょうか?

それは、スペーサーを取り付けることで、
PCケースとマザボの間に、空間を作る役割があります。

ここで空間を作らずに、PCケースに直接取り付けてしまうと、
マザーボードの裏面の金属の小さな出っ張りが、PCケースに触れてしまいます。

その状態で通電すると、ショートしてしまう可能性があり
故障の原因になってしまうため、スペーサーを挟みます。


では、実際に取り付けていきましょう!

スポンサーリンク

PCケースにスペーサーを取り付ける

PCケースには、色々なメーカーのマザボに対応するため、
たくさんのネジ穴が開いています。

そのため、まずは仮置きして、
スペーサーの取り付け位置を確認しましょう。

マザーボードに触れる前に、金属をさわって体の静電気を逃がしておきましょう。冬にパチッとなるアレを、精密機器を相手(メモリなど端子がむきだしのものも)にやってしまうと故障の原因となりますので、ご注意ください。

今回私が取り付けるマザボのネジの位置は、この赤丸の6か所です。

マザーボードのネジ止め完了
<画像はネジ止めした後のもの>


マザーボードをそっとずらして、PCケースの
赤丸の部分に、スペーサーを取り付けます。

取り付けは、まずは手ではめますが、なかなか最後まで、
止めることができません。

そこで、このようなアタッチメントが、
PCケースに付属している場合があります。

スペーサーのアタッチメント


アタッチメントが付属している場合は、プラスドライバーで
シッカリ止められるため、簡単です。

ドライバーで締める


もし、アタッチメントが付属しない場合は、
ペンチなどを使いましょう

ペンチで締める


裏面を見ることができる最近流行りのPCケースなら、
スペーサーがちゃんと取り付けられたかは、目で確認できますね^^

しっかり奥まで付いています。

スペーサー取付OK2


こちらは↓、取付不足の例です。シッカリ回せていません。

マザーボードの取り付けの高さがガタガタになり、
故障の可能性につながりますので、ちゃんととめて揃えましょう。

でも、手の力だけでは、ここまでしか止まりませんでした。

なので、アタッチメントはかなり便利です(#^.^#)

スペーサー取付不足


では、スペーサーが付きましたので、
今後はマザーボードを取り付けていきましょう!

スポンサーリンク

PCケースにマザーボードを取り付ける

まずは、マザボに付属している、I/Oパネルを、
PCケースにはめましょう。

マザーボード付属のIOパネル


パソコンの外側から、マザーボードに接続する、
入口(I/Oポート)のパネルですね。

ちょっとはまりにくい時もあるので、丁寧に少しずつ
手で押して、はめていきましょう。

はまったIOパネル


続いて、先ほどセットしたスペーサーにマザボを取り付けます。

マザーボードをセットする


ちょっとI/Oパネルに押すような感じで、
IOパネルにマザボをピッタリと合わせます。

マザーボードを押す


マザボを置いたら、ネジ止めしていくのですが、
ネジには、目で見た限り同じようなサイズの、
インチネジとミリネジがあります。

インチネジとミリネジ


ネジの頭以外、大きさや太さが本当にそっくりなんです(笑)

でも、当たり前ですが微妙に違っていて、
マザボの取り付けには、ミリネジ(少し目が細かい)を使います。

どうやって見分けるの?ですが、
スペーサーに取り付けてみると、よくわかります。

ネジとスペーサー


インチネジですと、目が大きすぎて最後まで締まりませんし、
ミリネジですと、最後まで締めることが出来ます。


どっちがミリネジが判明したら、マザボに取り付けましょう。

ネジ止め


取り付ける際は、まずは軽く仮止めしていって、
全部のネジが止まったら、対角線上に交互に締めていきましょう。

締め付けが、偏らないようにするためですね(#^.^#)

さいごに

PCケースへのスペーサーの取り付けと、マザボの取付でした!

簡単ではありますが、なぜかPCケースやマザボの説明書には、
説明が載っていないこともあるので、記事にしました^^

次回は、マザボにCPUとCPUクーラーを、
取り付けていきますね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です