メモリの増設(取り付け)方法!画像入りで超簡単に!

メモリって、「パソコン、最近遅くなったな~」と感じたら、
まず初めに増設や交換を考えるパーツです。

そこでパソコンの自作シリーズ第6回目(全9回)は、
メモリの取り付け(増設)方法です。

メモリをデュアルチャネルで取り付けて、
PCをサクサク動かしましょう(#^.^#)


取り付け方法はとても簡単で、注意することも少ないので、
お茶でも飲みつつ、気軽に読んでくださいね~


ちなみに、第5回はCPUの取り付けと注意点でした^^
良かったらご覧ください。

cpu!取り付けの注意点は?この5つを確認!

メモリの増設!取り付けする位置は?

<CFD W3U1600HQ-4G(DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)8,799円>
メモリDDR3_4GB 2枚組


上記の写真は、今回取り付けるメモリです。

4GB×2枚=8GBなんですが、私がシステムエンジニアになりたての頃、
当時のプロジェクトのメインシステムが稼働する、数百万円する
最新サーバーのメモリが、4GBでした。

さらに当時の私が買った、25万円のパソコンは搭載メモリが64MB(笑)

良い時代になりましたね(#^.^#)


さて、それではメモリを取り付ける、
マザボのメモリスロットを、見てみましょう。

マザーボード (メモリ用)


右上の黒とグレーの縦長のスロットが、メモリスロットです。
(マザーボードによって、色は変わります)

この部分にメモリを挿せば、それで完了です^^

超簡単ですが、軽く次の3つの注意点も見ておきましょう。

メモリ取り付け時の注意点

  • 端子に触れないように端を持つ
  • 静電気を放電させておく
  • デュアルチャネルで取り付ける


1つ目は、どのパーツにも共通していえることですが、
端子部分は、触らないようにしましょう。

また、2つ目の、体に帯びた静電気も同じですね^^

メモリに触れる前に、金属をさわって体の静電気を逃がしましょう。冬にパチッとなるアレを、精密機器相手にやっちゃうと故障の原因となりますので、ご注意くださいね。


3つ目は、メモリを挿すスロットです。

どこに挿しても動作はするんですが、パソコンを、
より速く動作させる挿し方があります。

それが、デュアルチャネル※です。

※デュアルチャネル(チャンネル)は、2枚のメモリを1枚のように扱い、高速化する技術。使わない手はありませんね!

スポンサーリンク

デュアルチャネルで取り付けるには?

最近のマザーボードは、デュアルチャネルで
設置しやすいよう、色分けされていますね^^

メモリスロット


例えば、このマザーボードですと、黒のスロット同士、
グレーのスロット同士ですと、デュアルチャネルとして動作します。

これを、黒とグレーに1枚ずつ挿した場合は、
シングルチャネルとして動作します。

シングルチャネルでは動作しないとか、故障する、とかではなく、
せっかくの速度が出ずにもったいないよ!と、なります。


また、デュアルチャネルは、
クロック数と、CL、容量が合っていれば、基本的にOKです。

ただ、安定して動作させるために、バルクメモリ※ではなく、
同じメーカー・容量のメモリを選んだ方が良いでしょう。

※バルクメモリ:箱やパックに入っていない状態で売られているパーツのことで、基本的にちゃんと使用できますが、購入前はメーカーや製造元が不明で、その分安く購入できます。


これらをふまえて、実際に取り付けていきましょう!

スポンサーリンク

メモリを取り付ける!

メモリスロット横の、ロック(レバー)を倒します。

メモリロックを倒す


メモリの切れ込み部分と、メモリスロットの、
凹み部分を合わせて、差し込みます。

メモリ

メモリの凹み


挿し込む時は、けっこう力が必要ですので、両手でグッと押しましょう。
(写真はカメラを持っているので、片手で押しています)

メモリの取り付け


メモリを、デュアルチャネルで設置しました。

メモリの取り付け(デュアルチャネル)


とっても簡単でしたね!


このあとメモリを増設したくなったら、グレーの部分に、
メモリを追加すれば、OKです。

1枚挿せばシングルになってしまいますので、
次も、同じ容量のメモリを2枚挿すのがオススメです。

さいごに

メモリの取り付けと、デュアルチャネルについてでした!

私が初めてメモリを買った時は、
「相性が悪くて動作しなくても、返品交換は一切受け付けません!」

とお店で言われて、ビックリしたことを覚えています(^^;

普通、お店でモノを買う時に、そんな強気で
言われることって少ないじゃないですか。

他の商品とは違う習慣に戸惑ったことが、懐かしいです(#^.^#)


次回は、PC自作シリーズ第7回「SSDとHDDの取り付け」になりま~す。

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です