ダイロンのカラーストップ!色落ち防止の効果は?使い方も紹介♪

ダイロンのカラーストップ

数年前、ダイロンのマルチでTシャツを染めました。マルチは丁寧に手順通りにやれば、なかなかの染めあがりが期待できます。

ただ、色落ちがハンパない(^_^;

洗濯の度にガンガン色落ちします。そして、あっという間に色あせた元の状態に戻ってしまうんです。

う~ん、これはなんとかしたい。と思っていたら、カラーストップという商品があるではないですか!これは色落ち防止に効果があるのか?と半信半疑ながらも、以前の色落ち具合を経験している身としては、使わずにはいられません。

そこで今回は、ダイロンのカラーストップを使ってみたその効果をご紹介したいと思います。後半では使い方も載せておくので良かったらどうぞ!

ダイロンのカラーストップの効果は?

最近、ダイロンのマルチで染めたTシャツです。薄い水色みたいになっていたのですが、ネイビーの良い感じに染め上がりました( ´∀`)b

染めたTシャツ

カルチで染めて、カラーストップで処理をした後、普通に着用しつつ洗濯を5回ほど行いました。


それでは、色落ちするか見ていきましょう。

まずこちらの容器に水を入れました。透明の状態です。

Tシャツを入れる前の水

それでは、先ほどのTシャツをお水に入れてみます。

Tシャツを入れる

手でよくもみます。

Tシャツをよくもむ

色落ちする場合は、この時点ですぐ水に色がつきますが、大丈夫のようです。

よくもんだあとで5分間放置して、取り出します。

5分後取り出す

Tシャツを取り出したあとの水です。全然、水の色が変わっておらず、色落ちしていませんでした(*^_^*)

Tシャツを入れた後の水.JPG

スポンサーリンク

カラーストップは色落ち防止効果バツグン!

<ビフォー・アフター>
Tシャツを入れる水のビフォーアフター

というわけで、ダイロンのカラーストップは素晴らしい色落ち防止効果が確認できました。正直言って「少しは水の色が変わるだろう」くらいに思っていました。

しかし、ぜーんぜん、まーったく、水は透明のままでした。

凄いです、カラーストップ

以前染めた時の色落ちは何だったんだろう・・・と思いました(^^;

これで400円程度ですのでコスパも良いですね。もしダイロンで染められる時は、カラーストップの使用をオススメします。


続いては、カラーストップの使い方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

ダイロンのカラーストップの使い方!

それでは、ダイロンのカラーストップの使い方です^^

パッケージの裏面に使い方が書いてありますので、使用前にはそちらもご確認くださいね。

  1. カラーストップと道具類

    ダイロンカラーストップの道具

    左側に水を張った容器が2つありますが、2着に使用したためで本来は1つでOKです(右側に服が2着写っています)。

    また、温度計が写っていませんが温度を計るために必要です。説明書きには、その遷移表示の最高温度で、と記載されていますので、計った方が良いでしょう。
    (実際にはデリケートな衣類でない場合は熱めにしておけばOKかと)

  2. お湯にカラーストップを投入

    カラーストップをお湯に入れる

    お湯にカラーストップを入れます。1袋でTシャツ8枚相当に効果があります。

  3. 服と液が馴染むようにもむ

    カラーストップ液につけてよくもむ

    服とカラーストップ液をよくもんで、なじませます。ダイロンは染める時から、よくもむことを要求されるのでゴム手袋は必須です。

  4. 15分放置後に取り出す

    余分な染料が落ちる

    よくもんだ後、15分間混ぜながらなじませたら取り出します。余分な染料が液に落ちていますね。

  5. 洗濯して干す
    染めた服を干す

    その後、中性洗剤か洗濯石鹸で洗濯して、陰干しします。乾いたら完成です^^

以上が、カラーストップの使い方でした!

さいごに

ダイロンのカラーストップの効果と使い方でした!

手軽に染められるダイロンは素晴らしい商品ですが、色落ちが気になっていました。しかし、カラーストップを使うことで解決です。

服のリメイクにかかせない「染め」でダイロンを使う際は、カラーストップ、とてもオススメですよ~

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です