キャンプ!秋の寒さ対策は?コレでバッチリ暖かい~♪

秋キャンプ寒さ対策イメージ-01

初夏から秋にかけては、様々なアウトドアが楽しめます。夏のキャンプも良いものですが、少し気温の落ち着いた、秋のキャンプもなかなかオツなものではないでしょうか?

しかしキャンプって、時期によって寒さがツライこともあります(≧_≦)

特に注意したいのが、日中はまだ気温の高い時の秋キャンプ。平地の日中は、まだまだ暑い日もある9月や10月初旬でも、山の夜~朝方の気温は意外と低いことが多いです。


平地に比べると山は標高が100m上がる毎に、約0.6℃気温が下がると言われています。夜間はさらに冷え込むことがあるため、しっかりと寒さ対策をして、秋キャンプを楽しみましょう!

それでは、秋キャンプでも快適に過ごせる寒さ対策について、ご紹介しますね♪

秋キャンプにオススメ寒さ対策で、手軽なものから順に見ていきましょう。

秋の寒さ対策の基本!ますは重ね着です♪

秋のかくれんぼ

基本中の基本ですね(^^)

キャンプなどでは、まずは半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・フリースなどを重ね着しましょう。夜間の冷え対策に、薄手のダウンジャケットもあれば完璧です。

長袖Tシャツで重宝するのは、ユニクロのヒートテックのような化繊混紡の保温性能のあるものです。

また、一番上に着る場合のダウンは、防水性や透湿性のあるものがオススメ。急な雨や、朝露にも対応できますしね♪アウトドアブランドのものでしたら、たいていはコンパクトに畳めるため、持ち運びも便利ですよ。

さらに、靴下の重ねばきも、暖かさが全然違いますよ

スポンサーリンク

重ね着にプラス!ネックウォーマー

首元を温めると、体感温度って全く違います。寒さに弱い人は特に、首元を温めることをオススメします。私は寒い時、ネックウォーマーで目の下まで覆ってしまう事もありますが、とっても温かいですよ^^

重ね着(子供編)スキーウェアもOK

子どもも重ね着がオススメですが、子ども用にダウンなどを用意するのは、なかなか出費がかさみます。そんな時オススメなのは、スキーウェアの上下セット

我が家では上下の繋がっている、つなぎデザインのものを使っています。夜中に子供が布団から出てしまう事があるのですが、お腹が冷えることもないので助かっています。

ただ、「トイレ!」と言われると、やや面倒ではあります・・・(^_^;

テント下に!段ボールや厚手の銀マット

キャンプテント

テントの下に敷くグッズなのですが、底冷えを防いでくれる優れ物達です。

テントの下にはブルーシートのようなものを敷いていると思いますが、その上にダンボールや、ホムセンで売っている銀色の厚手のシートを敷きます。

地面→ブルーシート→ダンボール又は銀シート→テントの床面、ですね。

地面からの冷たい冷気を遮断できるのでオススメですよ(*^_^*)

余裕があればエアマットも!

そしてさらに、テント内部にはインナーマットがあると思いますが、その上にエアマットを敷きますと、更に冷えを遮ってくれます。

スポンサーリンク

地味だが温かい♪湯たんぽ

お湯を入れるタイプの湯たんぽ、日本人の知恵ですね!とても温かく過ごせるのに、手頃で簡単です^^

また、夜中に暖をとった湯たんぽの水で、朝顔を洗えば、寒さでゾワッとすることもありませんよ~

これが一番オススメ!電気毛布・ホットカーペット

電源のとれるサイトの場合、電気毛布又はホットカーペットを使えば、とっても快適な睡眠がとれます(*^_^*)

実は管理人一番のオススメ。文明の利器。

ストーブなどよりも、火事の危険が低くなるのも嬉しいポイントですね♪

電気毛布はコンパクトですが、人数によりかさばりますし、ホットカーペットは畳んでもでかいのですが、家族で寝る部分を広範囲に温めることができます。

用途に分けて選んでくださいね。

焚き火で暖をとる素敵さ♪

ユニフレームのファイアグリル

夜、子どもを寝かせてから夫婦で焚き火を見つめながら、お酒を飲む・・・

暖をとるだけでなく、癒やしの時間としても素敵ですよね。焚き火台と言うものも販売されていて、これを使えば、BBQコンロの役目もOKです。

私が持っている、ユニフレームのファイアグリルはオススメですよ~

ユニフレームのファイアグリル!バーベキューに最高!超美味い~!

石油ストーブ

十分な換気を行いつつ使えば、タープ内での使用は可能です。

キャンプ用のものや、キャンプで使える商品がありますので、取り扱い説明書をよく読んでお使いくださいね。

例えば、こちら。

キャンプ大人気!【送料無料】トヨトミ 対流型 石油ストーブ RL-25F

暖かくて、雰囲気のあるデザインが最高です^^

上部でお湯を沸かせるのも良いですよ~


また、寒さ対策は、グッズだけではありません。

次のようなものも併用してみてはいかがでしょうか。

番外編!身体の中から寒さ対策♪温める料理と温泉

秋の山

シチューや鍋料理、おでんなど、冬の定番料理は大抵身体が暖かくなります。

ガスコンロと土鍋など、セットで持って行くと手軽に楽しめますし、盛り上がります♪

家で食材の下ごしらえを済ませてしまうと、パパッと作れてオススメですよ。

ちなみに私の知人で、身体を温めるためにキャンプでは辛い料理を必ず食べる方がいます。全身から、汗が噴き出て温まるそうです。辛いもの好きの方は、一度挑戦してみるのもいいかも(^^;


また、近場に温泉がある場合は、是非足を伸ばしましょう。お湯にしっかり使って身体を温めると、寒さも疲れも吹き飛びますよ♪

おわりに

秋キャンプの寒さ対策でした!

せっかくの楽しいキャンプ、夜中に寒くて何回も起きる(経験アリ)・・・なんて事のないように、万全の対策で臨んでくださいね♪

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です