日焼けによるかゆみで寝れない!そんな時はこの方法!

日焼けしてかゆくて、夜眠れない!うわー!!

去年、うっかりやってしまったんです(>_<) うちの近所の琵琶湖に、泳ぎに行った時のことです。 ひと泳ぎしたあと、太陽の光がサンサンと降り注ぐ中、
気持ち良~く、ごろごろ・・・

ついつい眠気がやってきて・・・


結果、背中が真っ赤っか

水ぶくれにはなりませんでしたが、ヒリヒリと痒みで
夜も眠れませんでした・・・

超絶後悔したものの、「後悔先に立たず」
とはまさにこのことですね(´ー`A;)


そこで、必死になって調べて対処した内容、
当ブログを訪問してくださった、同じ思いをしている方々に、
日焼けして、かゆみが出て寝れない時の対処法をご紹介しますね!

とっても楽になりますよ(#^.^#)

日焼けによるかゆみの原因は?

太陽とパラソル


私たちの肌は本来、保湿成分を持ちあわせています。

しかし、太陽の紫外線を浴びることによって、
肌の一番外側の角質層がダメージを受けてしまいます。

このダメージが日焼けであり、軽い火傷(やけど)の状態となります。

具体的に見てみましょう。

  1. 紫外線を浴びる
    肌の表面が乾燥して、肌のキメが乱れてくる
  2. 紫外線は皮膚の水分を奪う
    熱と紫外線により、その乱れたすき間から、さらに水分が奪われる
  3. 水分を奪われた肌には炎症が起きる(日焼け)
    日焼けは軽い火傷状態のこと
  4. この軽い火傷が原因で、ほてりやヒリヒリとした痛み、痒みなどの症状が出る
    太陽に当たってすぐではなく、2~6時間後に発症することが多い


数時間後に発症するから、昼間遊んで、
夜の寝る頃になると、かゆくなるわけですね。


かゆみが続く期間は、日焼けの状態や個人差はありますが、
2~3日続くことが多いと考えてください。


その後は、皮膚の中側にある、基底層という場所のメラニン細胞が、
紫外線を受けて黒くなり、日焼け色の肌になっていきます。


では次で、日焼けによるかゆみへの対処法を見てみましょう!

スポンサーリンク

痒みで寝れない時はラップ!

ラップとワセリン


日焼けによる、表皮の損傷を補うために、
肌を冷やすことと、保護することが大切です。

詳しく、一覧でご紹介しますね。

日焼けによるかゆみへの対処法

  • よく冷やす
    火傷と同じですから冷やしましょう。タオルなどで冷やしても改善しなければ、保冷剤を使用してもいいでしょう。
  • 水分補給する
    口からも、水分を補給しましょう。スポーツドリンクや麦茶が吸収されやすいのでオススメです。
  • 白色ワセリンを塗布する
    ワセリンで皮膚に油分でバリアを貼りましょう。白色ワセリンは、軟膏の基材として利用されるもので、副作用などがない安全なものです。これを薄く塗布します。
  • ラップする
    白色ワセリンを塗った上から、皮膚にラップをすることで、ヒリヒリや痒みがだいぶマシになります。
    え~本当に!?と思うでしょうけど、やってみてください。私はだいぶ楽になりました!
  • 市販の塗り薬
    冷やしてラップすると、だいぶマシになるはずです。

    それでもかゆい場合は、痒み止め成分の入った、塗り薬を塗るのもおすすめです。ただし、ステロイド入りのものも販売されていますので、薬剤師さんに相談して選んでもらいましょう。

  • 市販の飲み薬
    痒みって我慢しにくいので、薬局で薬剤師さんに塗り薬を相談する時、一緒に飲み薬も聞いてみても良いでしょう。症状に合う薬を勧めてもらえます。
  • かかない
    かゆいからといって、タオルや手でこすったり、掻かないでくださいね。


ラップの貼り付け、あまり聞かないと思いますが、
ぜひ一度試してみてください。

理由は、お次でご紹介しますね(#^.^#)

スポンサーリンク

湿潤療法って?

湿潤療法に使う、キズパワーパッドってご存知でしょうか。

最近は、擦り傷を乾かさずに、体内から出る分泌液で、
湿らせたまま、キズを保護する治療法です。

治りが早く、傷も残りくいですよね。

ラップは、あれと同じ考え方なんですよ(#^.^#)

何年か前にネットで見て、半信半疑でやってみて、
ずいぶん軽くなりました!


ちなみに主に夏なので、1日に3回くらいはラップを外して
皮膚を低刺激性の石鹸で洗い、白色ワセリンとラップを付け直しましょう。

ラップ中に汗をかくと、不快ですし、あせもができやすいので、
冷房を入れて、あまり汗をかかないようにしてくださいね。

水ぶくれができたら即病院へ

急な日焼けによる、水ぶくれができてしまったら、
かいたり、つぶしたりしないでください。

そこから、雑菌がはいってしまい化膿することがあります。

水ぶくれができてしまったら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

おわりに

日焼けによるかゆみで、寝れない時の対処法でした!

子供の頃は、夏は真っ黒になって遊んだり、
喜んで海に行きましたね。

でも、今は日焼けが怖くて怖くて(((。・´ω`・。)))

せっかくのサマーバケーション、これからはしっかりと
日焼け対策をして、楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です