dvdドライブ!sataでの取り付け方法は?画像入りで簡単に!

パソコンの自作シリーズ(全9回)も、第8回となりました!

今回は、光学ドライブであるDVDドライブを取り付けます。

最近では、DVDはあまり使うことがなくなってきましたが、
まだwindowsのインストール時には必要ですので、取り付けておきましょう。

ちなみに前回は、ssdとhddを併用して取り付けましたね。

ssdとhddを併用!超速を体感できる取り付け方法は?

スポンサーリンク

それでは、sata(シリアルATA)での、dvdドライブの取り付け
いってみましょう!

とても簡単なので、ゆる~く読んでもらえれば、と思います( ´∀`)

dvdドライブ!sataとは?

<取り付けるDVDドライブ:前PCからの流用>
dvdドライブ

今回、取り付けるDVDドライブは、今まで使っていたパソコンから、
とってきたパーツです。

たいしたパーツではないので、使い回しで十分です。

パーツを流用できるところも、自作PCのメリットですね(#^.^#)

さて、このdvdドライブはsataで接続します。

sataとは、データを転送をするための、規格です。

昔は、IDEという太くて薄っぺらいケーブルで接続していましたが、
現在はSATA(シリアルATA)ケーブルが主流ですね。

sataは細いケーブルなので、内部のエアフローも良くなりました^^

MEMO
SATAIIという規格もありますが、sataとの違いは転送速度のみで形状などは同じです。

また、今回はdvdを取り付けますが、ブルーレイドライブを
取り付けても良いですね^^

価格もずいぶん下がり、外付けで5,000円以下、
内蔵でも、7,000円以下で売っていました(2014年10月現在)。

安くなりましたね~( ̄▽ ̄)

それでは、次でdvdドライブを実際に取り付けましょう。

ドライブを取り付ける!

dvdドライブは、PCケースの5インチベイに、セットします。
(赤丸部分)

pcケースサイドパネルを外す

pcケースの正面の、5インチベイのカバーを外します。

軽くはまっているだけなので、少し力を加えると外れますよ。

5インチドライブベイのカバーを外す

カバーを外したら、dvdドライブを5インチベイに、
正面から入れます。

5インチドライブベイにdvdドライブをセット

入れたら、5インチベイとdvdドライブを、
左右から両方とも、ネジ止めします。

dvdドライブを5インチベイにネジどめ

これで、dvdドライブが固定されました。

dvdドライブセット完了

それでは次で、電源とsataケーブルを接続しましょう。

スポンサーリンク

ドライブに電源とsataケーブルを接続する

dvdドライブの背面に、電源ケーブルを接続します。

dvdドライブに電源を接続

続いて、シリアルataケーブルを接続します。

差込口には、上下の向きがありますので、一度確認してから、
差しましょう。

dvdドライブにシリアルataを接続

マザーボード側の接続口は、このような場所にあります。
(マザボによって、場所は変わります)

マザーボード( dvd)

以上で、dvdドライブの取り付けが完了しました!

さいごに

dvdドライブの取り付けは、いかがでしたか?

とっても簡単でしたね^^

今回でひとまず、グラフィックボードとサウンドカード以外の、
必要なパーツの取り付けが完了しました。

そこで次回は、これまでで、まだ接続していないケーブル類
接続していきたいと思います。

PC前面のUSBの差込口や、スピーカーを接続する口などを、
使えるようにします。

これで、いよいよ自作PCが使えるようになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。