休日おでかけパスの買い方!おトクに電車でおでかけしよう♪

休日おでかけパスの買い方

休日にちょっと遠出をする時、移動手段として何を利用していますか?

我が家は末っ子が静かに乗っていられないので車でおでかけする事が多く、電車を利用する事は少ないです。

だけど、子供って電車に乗ると喜びますよね。電車に乗るとテンションが上がるのでしょう( ´∀`)

我が家の末っ子も5歳になり、そろそろ電車に乗っておでかけする機会を増やしてあげたいな~なんて思ったりもしますが、そこでちょっと気になるのが交通費です。家族でおでかけするとなると、電車代だけでも結構な出費ですよね。

そんな時に活用したいのが、「休日おでかけパス」です。

東京近郊と範囲は限られていますが、JR普通列車などがその日1日乗り放題になる便利でおトクな切符です。

そこで今回は、休日おでかけフリーパスの気になる買い方や範囲・乗車区間などをご紹介します♪

休日おでかけパスの料金と利用日は?

電車

休日おでかけパスの利用料金です。

  • 大人2,670円
  • 小児1,330円

利用は、次の期間中に利用する事ができます。

  • 土日祝日
  • GW期間:4月29日~5月5日
  • 夏休み期間:7月20日~8月31日
  • 年末年始:12月29日~1月3日

上手に活用すればかなりおトクな切符なので、休日フリーパスを使って子供とおでかけを考えているお母さんも多いと思いますよ♪

スポンサーリンク

休日おでかけパスを券売機で購入するには?

休日おでかけパスは、乗車可能エリア内の駅で購入する事ができます。

休日おでかけパスの券売機での買い方

  • 指定席券売機で購入する場合

    トップ画面から「おトクなきっぷ」→「休日おでかけパス」→「利用日」→「利用人数」の順に選択。
    最後に「確認」を押して支払い。
    事前購入が可能で、現金またはクレジットカードでの支払いになります。

  • 自動券売機で購入する場合

    トップ画面から「おトクなきっぷ」→「休日おでかけパス」を選択し、現金で支払いになります。
    複数人分のパスを購入する場合は、画面外のボタンで選択する事になります。


指定席券売機よりも自動券売機の方が簡単で早いですが、事前購入やクレジットカード払いはできません。

また、自動券売機での購入ができない駅も多いので、事前に確認するなど注意が必要です。

画面に休日おでかけパスの選択肢がない時は、自動券売機では購入できないということになります。

券売機のほかに、みどりの窓口やびゅうプラザでも購入可能です。

休日おでかけパスの事前購入は?

乗車日の一ヶ月前から事前購入することができます。

ただ、子供とのおでかけを考えている場合、子供が体調を崩したりして予定が変わることもあると思うので、当日に購入することをおすすめします。

未使用で有効期間内に限り払い戻しも可能ですが、220円の払い戻し手数料がかかってしまうので、やはり事前購入は避けた方が無難ですね。

休日おでかけパスで行ける範囲や区間は?

手を繋いでいる親子

東京近郊フリーエリア内の快速を含む普通列車普通車自由席、東京臨海高速鉄道線全線(りんかい線)、東京モノレール線全線が乗り放題になります。

別途特急券やグリーン券を購入すれば、新幹線や特急列車・普通列車グリーン車にも乗車できますが、東海道新幹線は利用できません。

東京を中心に神奈川・山梨・埼玉・栃木・千葉の一部エリアまで乗車可能なので、かなり広範囲で使用できますね!

詳しい範囲や区間は、JR東日本のHPに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

乗り越しした時はどうするの?

続いて、乗り越ししてしまった時のことも確認しておきましょう。

エリア内外への乗り越し

  • フリーエリア外へ行く場合
    事前にエリア外分の切符を購入するか、駅で乗り越し精算をすれば大丈夫です。車内で精算することもできます。
  • フリーアリア外から行く場合
    エリア内の駅でしか購入できないため、一番近いエリア内の駅までの切符を購入してその駅まで行き、一度降りてから休日おでかけパスを購入する必要があります。


エリア外の駅で乗り越し精算をする時に気をつけたいのが、必ず有人改札で精算をすることです。

自動改札機

エリア外で自動精算機や自動改札機を通してしまうと、使用終了とみなされフリーパスが回収されてしまいます。

もし改札機に入れてしまった場合、駅員さんに言えばフリーパスは取り出してもらえますが、それ以降は自動改札はが使えなくなってしまい、その都度窓口を通らなければなりません。

面倒だし時間のロスにもなるので、うっかり間違えないように注意しましょう!

※エリア内では、自動改札機は通しても大丈夫です^^

さいごに

休日おでかけパスの買い方とその他の使い方でした!

休日おでかけパスは、いろいろな駅で乗り降りして観光やショッピングを楽しみたい時や、移動区間によっては往復するだけでもおトクになります。

交通費をおさえれば、その分を観光やランチ、ショッピングにまわす事もできるので、おでかけもさらに楽しくなりますね!

上手く活用して、子供とのおでかけをぜひ満喫してくださいね♪

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です