お彼岸とお盆!時期はいつ?具体的に何をするの?

お盆に親戚が集まるー!

「ここが本家だから、もてなさなきゃ。
 でも、実際に何をするんだっけー!?」

親戚が集まる、いわゆる本家では、お盆やお彼岸の時期に、
いくつかイベントがありますよね。

嫁ぎ先が、そういったイベントをきっちりやる
お家の方もいるでしょう。


お盆、お彼岸って昔から、何となく過ごしてはきましたが、
時期はいつで、具体的に何をするのでしょうか?

けっこう謎な部分も多いので、きっちりと伝統を
後世に残す日本人として(笑)

今回は、お彼岸とお盆について、時期ややるべき事
まとめました!

お気楽な気持ちで、読んでいってくださいませ~( ´∀`)

お盆って何をするもの?時期はいつ?

お盆の提灯


そもそもお盆とは何か、というところから見てみましょう。

お盆の行事は、ご先祖様の霊を祀る(まつる)
という風習のことですね。

そしてお盆の迎え方、その時期は地方によって、
全く違うという困った落とし穴があります。

まずは、お盆の時期を確認してみましょう。

なんと!地方によって、時期がバラバラです(^_^;


お盆には、「旧暦の盆」と「新暦の盆」と「月遅れの盆」
三通りの時期があるためです。

それぞれ、詳しくみてみましょう。

<お盆の時期の違い>

  • 7月13日~15日:新暦の盆
    東京(一部除く)、横浜、静岡、金沢の旧市街地、函館
  • 8月13日~15日または16日:月遅れの盆
    西日本全域、北関東、東北
  • 8月20日付近:旧暦の盆
    沖縄、奄美を含む南西諸島一部

    以前こちらにまとめました。
    沖縄のお盆!ウークイの2015年の日程を確認!

  • 8月1日など:その他
    岐阜県中津川市付知町、岐阜県中津川市加子母、東京都小金井市、東京都国分寺市、東京都府中市、東京都調布市など


現在は、旧暦でのお盆が少なくなり、日本の7割方が、
8月15日前後の月遅れの盆に、お盆行事を行っています。


続いて、お盆の風習を具体的に見てみましょう。

スポンサーリンク

日にちごとのお盆の風習

墓参り

  1. 釜蓋朔日(かまぶたついたち)
    一般的に、7月・8月共に1日からお盆スタートです。
    この日は地獄の釜の蓋が開く日とされています。
    ここを境に、お墓参りなどをして、ご先祖様をお迎えする準備に入ります
    地域によっては、山や川から町(里)へ通じる道の草刈りをしたりもしますよ~!

    「地獄の釜の開く時期は、池や川など水源に近づいてはならない」
    なんて言い伝えがある地域もありますね(;゚Д゚)コワー

  2. 七夕・棚幡
    7月は7日、織姫様と彦星様のデートの日で有名ですよね(^^)
    実はこの日は、「棚幡」と書きます。
    そして、ご先祖様をお迎えするための、精霊棚と幡をしつらえる日なんです。
    7日の夕方ころから、棚・幡・笹などを安置します。
  3. 迎え火
    13日の夕方、外で火を焚きます
    この日以降に、精霊棚に色々なお供え物をします。
    地域によっては、「留守守り」といって、故人のいないお墓の掃除をしたりもします。
    御招霊という、大がかりな迎え火が行われることも。

    ちなみにお供え物も、地域によって違いがあります。
    例えば、甲信越・東海地方では安倍川餅、信州ではおやきなどです。

  4. 送り火
    送り火は2種類あります。

    • 〈野火〉
      15日または、16日に焚きます。
      15日だと奈良の高円山大文字、16日だと京都の五山送り火がとっても有名ですね!
    • 〈灯篭流し〉
      15日または、16日に川へ送る風習の地域で行われます。
      釜蓋朔日に、草刈りをする地域はだいたい灯篭流しです。

    ご先祖様を送る期間は15日~24日まであります。
    お迎えの時と同様に、お墓参りなどをします。


七夕は、お盆の風習の1つでもあるのですね。

う~ん、奥が深いです・・・( ̄ー ̄)


また、いつものお盆と違う時があります。

【初盆・新盆】

人が亡くなり、49日の法要が終わってから初めて迎える盆をいいます。
この盆は、特に厚く供養する風習があります。
これもまた、地方によって、風習は異なりますが・・・
門口や仏壇に、白一色の提灯を立てたり等、特別な儀礼があります。


送り火・迎え火の時に、長野県や新潟の一部地域では、独特の歌を口ずさむ、
長崎県では、墓参りや灯篭流しの際に手持ち花火や爆竹を打つ、
などなど、地域独特の風習もたくさんあるんですよ。

それぞれ、個性がありますね(#^.^#)


次は、お盆の準備についても見てみましょう。

お盆の準備

盆のザックリした説明をしたところで、
お盆の準備について、書いていきますね!

<お盆の準備>

  1. 〈7月〉準備スタート
    • 寺院への供養依頼
    • 仏壇、墓の掃除
    • 自宅の準備(盆棚、仏具、ろうそく、線香の用意と盆提灯の組み立て)
    • 盆の中日にある会食を、懐石弁当などにする場合は手配をする

    新盆の場合は上記に加えて用意するものがあります。

    • お見舞い者への返礼品の準備
    • 新盆用提灯の準備
  2. 〈8月12日〉お迎え準備
    • 飾り付け
    • お供え物の準備
  3. 〈8月13日〉迎え盆
    • 午前:お墓参り
    • 夕方:家の玄関先か門口で迎え火を焚く。盆提灯に火を灯す。
  4. 〈8月14・15日〉盆の中日
    • 墓参り
    • お坊さんに読経をしてもらう
    • 会食(親族や故人と親しい人を招く)
  5. 〈8月16日〉送り盆
    • 夕方:おがらや新盆提灯を焼き、送り火を焚く。


お盆の一般的な流れでした!

あと、注意点としては、

  • 盆の期間中は、灯明を絶やさないこと。
  • 3度の食事は家族の食べるものと同じものをお供えすること。


この2点が盆の注意点ですね^^

お供え物は、普段からする習慣がないと、
うっかり忘れてしまう事があるので、気を付けてくださいね!


今回は8月の盆の場合で、流れを書きました。
7月の盆をする場合は、この段取りを1カ月前倒しして行えば問題ありません。


次は、お彼岸についてです。

スポンサーリンク

お彼岸はいつ?何をやるの?

「暑さも寒さも、彼岸まで」ということからわかるように、
お彼岸は年に2回あります。


春彼岸と秋彼岸。

期間は春、秋共に1週間ずつあります。


その1週間でなにをするのかというと・・・

中日にご先祖様に感謝し、残りの6日は悟りの境地に達するのに、
必要な徳目を修める日とされています。


うーん。難しいです!

お彼岸の期間中は良くも悪くも、行いが大きな果報を生む時期だそう。

悪い事はできないですね(笑)

今まで、適当に過ごしてきました~(後悔)!!

春彼岸と秋彼岸

  • 【春彼岸】
    春分の日を中日として、前後3日間です。
    2015年で言うと3月18日が彼岸入り、3月21日が彼岸の中日、3月24日が彼岸明けです。
  • 【秋彼岸】
    秋分の日を中日として、前後3日間です。
    2015年で言うと9月20日が彼岸入り、9月23日が彼岸の中日、9月26日が彼岸明けです。


続いて、お彼岸には何をするのでしょうか?

お彼岸には何をするの?

牡丹餅


お彼岸は、お盆に比べると、期間の割に、
圧倒的にやることが少ないですね^^

  1. お墓参り・お墓掃除
    お墓の掃除だけではなく、お仏壇や仏具の掃除も、忘れないようにしましょうね(^^)
    お仏壇やお墓にお参りできない時は、お供えのほかに、線香を贈ると良いです。
  2. お供え
    果物やお菓子、精進料理などに加えて、お花も供えます。
    あとは、お盆といえば!ぼたもち(おはぎ)ですね。

    ちなみに春は、牡丹の花にちなんで「ぼたんもち」
    秋は、萩の花にちなんで「おはぎ」と言います♪

  3. 義実家等へのお参り
    御仏前としてお金を包むか、菓子折りなどのお供え物を持って行きます。
    お供え物に決まりはありませんが、故人の好きだったものや、香りの良い線香なんかもお勧めです。

さいごに

お盆とお彼岸の時期ややることでした!

ここまで、盆と彼岸についてまとめてきましたが、
おおまかな流れはわかりましたか?

たくさん仕事量がありますが、慣れてしまえば
案外楽ですよ(^v^)

後手後手に回らないように気をつけて、盆、彼岸共に頑張りましょう~♪

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です