結婚式の服装!男性は何を着るの?コレが正解!

結婚式に着ていく、服装

時間帯や、招待された立場によって、
着るものが変わるのは、ご存知でしょうか?


日本ではひと昔前、いつでも黒い礼服に白ネクタイが
主流でしたが、あの恰好は日本独自のスタイルです。

実は国際的なフォーマルのシーンでは、
え、どうしたの?その恰好??
と言われてしまうスタイル(笑)


今後はそうならないためにも、一度きちんと
知っておきたいところですよね!

とはいえ難しくはなく、一度正しいスタイルを
確認しておけば問題ありません。

そこで今回は、結婚式に出席する時の男性の服装について、
時間帯別でご紹介しますね^^

では、いってみましょう!

洋服の正装とは?

披露宴


礼服には、正礼服・準礼服・略礼服の3つの種類があります。

礼服の種類

  • 正礼服
    モーニングコート(朝)、燕尾服(夜)
  • 準礼服
    タキシード(夕方~夜)・ディレクターズスーツ(午前~昼)
  • 略礼服
    ブラックスーツ・ダークスーツ(濃いネイビーや濃いグレーなど)


3種類あるのですが、結婚式に招待された側として、
正礼服(ホワイトタイ指定)を着る機会は、ほぼありません


ブラックスーツ、ダークスーツ※は、一番格が低い略礼装で無難な服装ですが、
国際的には、ブラックスーツはフォーマルとは認められていません

けっこう意外ですよね(^^;

冒頭でも書きましたが、ブラックスーツは、
日本独自のものなんです。


ただ、本来の洋装からすると違うのですが、
現在の日本でブラックスーツを着て出席すると、
失礼にあたるのか?というと、答えはNOです。

失礼にはあたりません。

むしろ、年配の方には、ちゃんとした格好と
見られることが多いです(笑)


そのため、「そういうものか」とわかった上で、
ブラックスーツを着用するのはアリですね(#^.^#)


それでは、時間帯別での服装のご紹介です!

スポンサーリンク

午前~昼は?ディレクターズスーツ・ダークスーツ!

まずは、午前中からお昼にかけての時間帯です。

ちなみに、ここでの昼・夜の区別は、式のお開きの時間で決まります

結婚式は、挙式・披露宴を含めてだいたい3時間位はかかるので、
午後2時ころからスタートする式からは、夜の服装でも構いません

  • 〈主賓・上司として列席する場合〉
    • ディレクターズスーツ・ダークスーツ
    • ワイシャツ:白
    • ネクタイ:シルバーグレーの無地、もしくは白と黒のストライプ、またはアスコットタイ
    • ポケットチーフ:シルバーグレーの無地
    • 靴下:黒
    • 靴:黒の革靴(ディレクターズスーツの場合、ストレートチップもしくはプレーン・トゥ)
    • その他:ディレクターズスーツの場合、白黒の縦縞、または黒のサスペンダー)
  • 〈友人・同僚・後輩として列席する場合〉
    • ダークスーツ
    • ベスト:濃紺や濃いグレーなどのダークカラーや明るいグレー
    • ワイシャツ:白、または淡い色のカラーシャツ
    • ネクタイ:フォーマルタイ仕様のカラーネクタイ
    • ポケットチーフ:シルバーグレーの無地か、パステルカラーの光沢のあるもの
    • 靴下:黒
    • 靴:黒の革靴(内羽式)


主賓として呼ばれた場合は、格を考えて、
ディレクターズスーツ又はダークスーツを着ましょう。


また、上記の主賓も、友人として参加する場合でも、
ダークスーツの場合は、グレーのベスト(ジレ)
着ると、とても素敵です。

午前中は、ベストは明るいグレーがOKですので、
持っていたら活用しましょう^^


シャツもウィングカラーのものにすると、
フォーマル感アップで、かなり格好良いですよ(#^.^#)


次は、夕方~夜の式の場合です。

夕方~夜の結婚式では?タキシード・ダークスーツ

タキシード


続いては、夕方~夜の結婚式に招待された場合です。

  • 〈主賓・上司として列席する場合〉
    • タキシード・ダークスーツ
    • ワイシャツ:白(タキシードの場合はプリーツシャツ)
    • ネクタイ:タキシードの場合は黒の蝶ネクタイ、ダークスーツの場合はシルバーグレーの無地、または蝶ネクタイ、アスコットタイ
    • ポケットチーフ:シルバーグレーの無地
    • 靴下:黒
    • 靴:黒の革靴(タキシードの場合はエナメルのオペラパンプス、もしくはバルモラル)
    • その他:タキシードの場合、カマーバンドとサスペンダーを着用する(いづれも黒)
  • 〈友人・同僚・後輩として列席する場合〉
    • ダークスーツ
    • ベスト:濃紺や濃いグレーなどのダークカラー(午後は明るいグレーはダメ)
    • ワイシャツ:白または淡い色のカラーシャツ
    • ネクタイ:フォーマル仕様のカラーネクタイ、蝶ネクタイ
    • ポケットチーフ:シルバーグレーの無地か、パステルカラーの光沢のあるもの
    • 靴下:黒
    • 靴:黒の革靴


夜の部では、準礼装はタキシードになります。

主賓・上司として列席する際の服装にタキシードを
挙げましたが、最近は友人の立場での列席で、
タキシードを目にする機会が増えてきました^^

正装ですので、友人でも着用はOKです(^v^)


ただ、新郎新婦との関係や結婚式の雰囲気、
ご親族やその他の出席者などのことを考えておきましょう。

年配の方が多めで、礼服に白ネクタイばっかり!
という披露宴だと、浮いてしまう可能性もありますので、
新郎新婦とお話しておくと、安心ですね。


また、夕方~夜の部でも、ダークスーツを着用する場合は、
ウィングカラーのシャツとベスト(ジレ)はオススメです^^


さらに、蝶ネクタイも夕方以降はOKです。

<管理人は、濃紺のものを愛用しています>
蝶ネクタイ


ダークスーツに蝶ネクタイをすると、
国際的にはフォーマルとみなされます(#^.^#)

そのため、無難なダークカラーのものを1つ持っていると重宝しますよ。


結婚式の男性の服装を、時間帯でご紹介しました。

一応ここで読み終えてもらってもOKですが、
続いては、より詳しくアイテム毎に見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

結婚式の男性の服装のアイテム編!

  1. ブラックスーツの値段の差
    ブラックスーツはモノによって、黒さがまったく違います。

    これは比べてみると、よくわかるんです。

    礼服コーナーなどで、漆黒の黒!や、黒の中の黒!
    などがあり、本当に真っ黒です(笑)


    上質な黒の礼服を着ている人のそばで、
    安物の黒を着ると、差がわかってしまうので、
    そこは要注意です(^^;

  2. ダークスーツ
    濃いグレーや濃紺のシックな色合いのものが、
    ダークスーツです。

    慶事用のスーツを持っていないよ!という方は、
    新しく購入するのが望ましいですね。

    ただ、スーツが傷んでいないものなら、
    ビジネス用のものでもOKです。


    管理人は、たまにある結婚式の時にスーツを新調して、
    その後はビジネス用に、という買い方をしたりします(#^.^#)

    嫁さんの許可もおりやすいですしね(笑)

    スリーピースのダークスーツとか、オススメですよ!


    リクルートスーツは、オーソドックスなデザインで、
    ダークカラー、という点では問題はありません。

    ただ、安い物が多いので、避けた方が無難です(笑)

  3. シャツ
    フォーマルの基本は、無地の白シャツです。

    ただ、友人などの気心に知れた仲ですと、
    最近は淡いカラーシャツもアリです。

    どちらにしても、ビシっと糊付けしたシャツを着ましょう^^

    襟や袖等、様々なデザインのものがたくさんありますが、
    きちんとプレスされていれば、ビジネスシーンで
    着用しているものでも対応可能です。


    管理人は、ウィングカラーのシャツをオーダーで作り、
    結婚式にはこのシャツを着ていきます。

    1つあると、便利ですよ(#^.^#)

  4. ベスト(ジレ)
    ベストはグレー系がオススメです。

    午前中は明るいカラー、それ以降はダークカラーです。

    スリーピースのスーツについてくる、
    同じカラーのベストももちろんOKです。
    (ダークカラー)


    黒は、結婚式にふさわしくない、とする方も
    いるので避けましょう。

    タキシードは良いのに不思議ですね(^^;

  5. ネクタイ
    結婚式の一番基本となる色は、一昔前までは白でした。

    しかし白のネクタイは、上記でも書きましたが、
    世界ではフォーマルと認められていません


    シルバーや、淡いパステルカラー
    フォーマル用ネクタイがおすすめです。

    最近は、おしゃれな雰囲気の蝶ネクタイや
    アスコットタイを着けている男性もいますね(^v^)


    ネクタイについては、前回詳しくご紹介しました。

    結婚式!ネクタイの色は?オススメとNGな色はコレ!


  6. 昼のフォーマルな場には、ストレートチップ※で、内羽根式の革靴(黒)。

    ※縫い目が一直線のもので、Uチップやウィングチップではないもの。


    夜は、ヒモのないエナメルのオペラパンプスや、
    ヒモ付きの内羽根式のオープントゥを合わせます。

    プレーントゥを選ぶ場合は、つま先に
    デザイン穴(メダリオン)のないものにしましょう。

    色は、やはり黒が基本です。

  7. 靴下
    黒い靴下を着用しましょう。

    柄の靴下をオシャレで取り入れたくなる方も
    いると思いますが、フォーマルな式ではNGです。

  8. カフリンクス

    カフリンクス


    正式には、昼~夕方は白蝶貝、夜は黒蝶貝もしくは黒オニキスです。
    ※燕尾服の場合はまた違います

    ただ、通常のご親戚やご友人の結婚式であれば、
    そこまでしなくても大丈夫です。

    無難にいくなら、シルバーやあまり光沢のないものですが、
    少し遊び心を出してみるのもアリですよ(#^.^#)

  9. 配偶者と一緒に列席する場合
    ポイントとしては服装の格を合わせることですね。

    その上で、奥様のドレスの色と、ネクタイの色や
    チーフなどの小物の色をおそろいにすると、とても素敵ですよ(#^.^#)

さいごに

結婚式の男性の服装でした!

マナーを守りつつ、おしゃれを楽しんで、
いってらっしゃい!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です