ピアノの試験!服装は?OKとNGな服装はコレ!

試験ともなると、ピアノの練習も大切ですが、
どんな服装をして行ったら良いの?

と、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

先日、グレードをお持ちのピアノの先生と、
娘のピアノについて話す機会がありましたので、
試験の服装についても、聞いてみました^^

スポンサーリンク

ガチガチに正装する必要はないようですが、
それなりに、キチっとする必要はあるようですね。

そこで今回は、ピアノの試験の服装について、
ご紹介しますね(#^.^#)

それでは、まずはNGな服装を見てみましょう。

試験ではどんな服装がNGなの?

ピアノに座る女性

NGな服装としては、試験会場なので、露出の多い格好や、
カジュアル過ぎる服装は避けたほうが無難です。

例えば、ピアスの穴がたくさん開いていて、
派手な髪色とメイク・・・という方がいたら。

いくら技術が素晴らしくても、良くないイメージが
先行してしまいますよね(^^;

それではモッタイナイので、大人しめで、
清潔な印象を持てる服装を心がけましょう。

例えば、手持ちの服で行く場合、
お気に入りのデニムのGジャンが着たいとしても、
ジャケットやニットのカーディガンにしておく、などですね。

真面目に試験に臨んでますよ、という
アピールにもなります。

同じ理由で、ノースリーブやTシャツ、
Gパンや短パン等も避けましょう。

また、ミニスカートは椅子に座ると目立つため、
こちらも避けた方が良いですね。

足元は、ペダルを踏むのに邪魔になる
かかとのある靴や、ブーツは避けましょう

サンダルやミュールもですね(^^;

それでは、どんな服装なら良いのでしょうか?

次で、こちらを見ていきましょう。

ピアノの試験!どんな服装ならOK?

OKな服装高校生ならダントツで制服です。

これにかなう物はありません^^

注意するべき点としては、
きちんとアイロンをかけておく事です。

ブラウスやスカートのプリーツが、
ピシッとしていると、清潔感もアップしますよね。

OKする女子高生

靴は、普段から通学に使っているものでOKです。
慣れた靴の方が、ペダルも踏みやすいですしね。

かかとのないローファーやパンプス
バレイシューズなどが良いでしょう。

革靴なら、前夜にピカピカに磨いておいて、
スニーカーなら、きちんと洗っておきましょう。

また、制服がない学校に通う方や、
そもそも高校生ではない場合はどうでしょう。

そんな場合は、新しい物を買わなくても良いので、
手持ちの洋服の中から、清潔感のある物を選ぶと良いでしょう。

落ち着いた色味のワンピースや、
ブラウスとスカートがオススメです。

ブラウスやスカートの色は派手でなければ
何色でも構いません。

袖は、手首にかかる部分が、弾く時に
邪魔にならないようなデザインが良いでしょう。

フリルや袖口が開いたようなデザインは可愛いですが、
ピアノを弾く時には少々邪魔にもなり、
弾く事に集中出来ない可能性もあります。

スカートは、タイトスカートはペダルが踏みずらいので、
プリーツかフレアーなど、足の動きを邪魔しない
ような物が良いでしょう。

昔なら、紺か黒、グレーなどと言うのが主流だったようですが、
今はそこまで厳しくはありません。

普通で充分で、きちんと洗濯がされていて、
アイロンもしっかりかかっていればOKですね(#^.^#)

スポンサーリンク

手のお手入れやアクセサリーについて

また、目に付きやすいのが手や爪です。

ある意味、服装より見られているとも言えるでしょう。

ネイルなどは、透明であっても避け、
甘皮も綺麗にしておきましょう。

手は、ハンドクリームを塗ったり、
綺麗に爪を切ったりしてお手入れをしましょう。

指輪などのアクセサリーも避けたほうが無難で、
シンプルが一番です。

さいごに

ピアノの試験にのぞむ服装でした!

やっぱり、第一印象は大切ですね。

色んな事を左右する力を持っている気がします。

技術だけでなく、身だしなみも、
合格への扉を開く関門の一つのようですね!

試験、頑張ってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。