帰省のお土産!職場へ持っていく?持っていくなら何がいい?

毎年、お盆や年末年始など、帰省した時に直面する問題。
色々あるとは思いますが、中でも「お土産」ってどうするか、悩んだことはありませんか?

特に職場にお土産を買っていくかどうか、買うにしても、残るものにするか食べ物にするか・・・。

もちろん職場にもよるし、結構難しいところですよね。

そこで今回は、帰省した時の職場へのお土産についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

職場へのお土産

まず、職場へのお土産を持って行くことですが、決してNGではありません。

しかし、雰囲気や環境によっては、好ましくない場合もあります。

ここで、今までの事を思い出してみましょう。

先輩や上司など周りの人たちがよく、お土産を持ってきてくれる職場であった場合、自分もそれに倣い持って行くことをオススメします。

もらってばかりと言うのは、やはり心象が悪いですし、「お土産を持ってきてくれる人がいる」場合、それを少なからず楽しみにしている人はいるからです。
お土産が、コミュニケーションツールになったりもしますしね(^_^)

しかし、お土産を過去に持ってきた人がいない場合や、お菓子などを口にする人が少ない場合などは、お土産を持って行くことは避けるのが無難です。
配る対象の人が、あまりにも大人数だった場合も避けてかまいません。

お土産は「絶対渡さなければいけないもの」ではないので、自分の職場環境を考えて持って行けばOKです(^^)

ちなみに、マイナビのフレッシャーズ調べ、職場へのお土産、どうしてる?によると、お土産を職場に持って行く人は約4割ほどです。

スポンサーリンク

どんなお土産が喜ばれるのか

お土産は、大きく分けると残るもの(雑貨など)と残らないもの(食べ物)の2種類です。

そのどちらかを選ぶのか、悩む方もいるとは思いますが、職場へのお土産は残らないもの(食べ物)にしましょう。
雑貨などをお土産にしてしまうと、相手の好みに合わなかった場合でも捨てる訳にもいかず・・・なんてことになってしまうからです。

お土産は食べ物で、更に言うと小分けされているものが喜ばれます。

例えば、クッキーやチョコレートといったものですね◎
配りやすいですし、相手も自分のタイミングで食べれるので困る事はありません。

ここで、喜ばれるお土産ランキングをご紹介したいと思います。

喜ばれるお土産ランキング

  1. 銘菓・ご当地スイーツ
  2. ご当地グルメ・B級グルメ
  3. ふりかけやお茶漬けなど
  4. 地域限定品

「無難な特産品」が、結局のところ一番喜ばれるんですね。全国区で有名なものなら、ファンもいるので安心ですよ(^^)

例えば、京都の八橋とか静岡のうなぎパイとか。
良く見るのは、地方限定味のプリッツやじゃがりこ、ポテトチップス等で、大抵味に外れがないのでオススメです♪

地域限定品は、「パッケージのみ限定デザイン」などでも喜ばれます。
女性の多い職場で、いつも食べ物だしな~という場合は、ご当地キティのボールペンなど、ちょっと可愛いものもアリです(^^)

また、お土産でウケを狙うのはやめましょう
その場では盛り上がりはしますが、誰も手を付けないこともあるので注意が必要です。

お土産を配るタイミングは?

さあ、お土産は買ったぞ!でもいつ配ろう・・・と、配るタイミングも悩ましいものですよね。

そこで、お土産を配るタイミングについてもご紹介しようと思います。

お土産を配るタイミング

  • 朝出社してから、皆が共通で使う場所に置く

    例えばコーヒーメーカーの横とか、使っていないデスクの上などにメモ付きで置いておきましょう。
    特に男性は給湯室に行かない人もいるので、お昼休みなどに軽く声をかけると、お土産に気づいていない人にも配れるのでいいですね。
    お茶受けなどに丁度いいものを選んだ場合は、この方法がオススメです。

  • 配って回る

    お昼休憩のタイミングで、みんなのデスクを回って配る方法です。
    お土産をきっかけに、話が広がったりもするので、お話好きの人にオススメです。
    でも、職場環境によっては控えた方が良い事もあるので、自分の職場の雰囲気を見極めることを忘れないでくださいね^^

どちらの方法にするにしても、事前に上司に話を通しておくといいですね◎
その方が、スムーズに配ることができるでしょう。

スポンサーリンク

お土産を買わない場合

考えた結果、お土産を買わない選択をした場合もありますよね。
その時は、自分から帰省して遊びに行った話などは控えるのが無難です。

遊びに行った話などは、嬉々としてするくせに・・・みたいな反感を買いたくはないですもんね(^_^;)

聞かれたら応える程度にしておきましょう。

特定の人にのみお土産を買った場合

職場の人数が多すぎて、仲のいい人、お世話になっている人だけに買っていくこともありますよね。
その場合は、お土産を何か適当な紙袋など、中身の見えない袋に入れて渡すといいですよ◎

明らかにお土産だとわかる、買ったときに付いてくる小分け袋などは使わないよう、お土産を渡さない人への気配りも忘れないようにしましょう。

さいごに

ここまで、帰省した時の職場へのお土産についてまとめましたが、買う派・買わない派で色々とありますよね。

お土産はあくまで「気持ち」の問題なので、無理してまで買う事はありません。
気持ちにもお財布にも余裕があったら・・・位の心構えで構いません(^^)

帰省ラッシュの避け方も良かったらどうぞ♪
帰省ラッシュ!年末年始の新幹線で混雑を避ける5+2の技!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です