東京の紅葉の名所!気軽に行けるオススメ5選!

秋といえば、一度はのんびりと、
紅葉を楽しみたいですよね。

ただ、遠出したり山に登ってまでとなると、
腰も重たくなりがちです(^^;

割と近くで、紅葉の名所はないかな?

もちろん、ありますよ~


以前、東京に住んでいた時に、
近場で探して、よく行きました^^

そこで今回は、
東京都内にあるオススメの紅葉の名所
ご紹介しますね!


気軽に足を運べるスポットばかりなので、
お休みの日に、是非行ってみてください!

秋~冬にかけての紅葉を、ゆっくりと夫婦で、
なんていうのも、素敵な時間ですね^^

東京国立博物館

紅葉1


1つめは、東京国立博物館です。


実はここ、特別な展覧会の時以外は、
とても人が少ないんです。

しかし、施設充実度はとても高く、
紅葉以外も楽しむことが出来ますよ。


博物館の外観と紅葉は、まるで外国に来たかのような
錯覚を起こすほど、素敵な風景です。

こちらへ行く際は、時間にゆとりを持って、
行ってくださいね( ´∀`)

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

<【博物館情報】>

  • 入館料(常設展時):大人(600円)/学生(400円)
  • 無料観覧日:5月18日・9月第3月曜日・総合文化展時
  • 開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館するため、翌火曜日休館)
  • 駐車場:近くにコインパーキングあり

電車での行き方です。

【行き方】

東京駅
↓JR上野東京ライン 土浦行
上野駅
↓出口・JR公園口/徒歩9分
東京国立博物館

所要時間は20分ほどで、料金は154円(IC優先)です。

近くには、寛永寺や上野の森美術館もありますよ。

スポンサーリンク

寛永寺

2つ目は、寛永寺です。


先ほどの国立博物館から、少し歩いた先にあるお寺です。

はしごしても良いでしょう( ´∀`)


こちらは、桜も紅葉もとても素敵なスポット!

そして、こちらで見られるのは、
モミジではなくイチョウがメイン

イチョウ


紅葉した葉で、一面金色の世界に、
埋め尽くされたかのような光景が広がります。

境内はとても広々としていて、ゆったりと散策できます。

平日は人出がとても少ないですよ。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬

<【施設情報】>

  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 休館日:年中無休
  • 駐車場:あり

電車での行き方です。

【行き方】

東京駅
↓JR山手線内回り 上野・池袋方面
鶯谷駅(うぐいすだに)
↓出口・北口/徒歩6分
寛永寺

所要時間は20分ほどで、料金は154円(IC優先)です。


ちなみに、1つ目の東京国立博物館からは、
徒歩10分ほどで着きます。

向島百花園(東京都墨田区)

3つめは、向島百花園です。


江戸時代の一流文化人たちが、造り上げた庭です。

小石川後楽園や六義園など、
所謂「大名庭」とは違う美しさを持っています。


秋には池の水面に、色づいた紅葉やイチョウが、
映りこむ景色が広がります。

例年の見頃:11月中旬~12月上旬
紅葉祭り:菊が彩る江戸花屋敷 11月

<【施設情報】>

  • 入園料:一般(150円)/65歳以上(70円)/小学生以下(無料)
  • 開園時間:9:00~17:00(入園は16:00まで)
  • 駐車場:近くにコインパーキングあり

電車での行き方です。

【行き方】

東京駅
↓JR総武線 千葉行
錦糸町駅
↓東京メトロ半蔵門線 久喜行
曳舟駅
↓出口1/徒歩10分
向島百花園

所要時間は35分ほどで、料金は443円(IC優先)です。

小石川後楽園(東京都文京区)

紅葉と神社


4つ目は、小石川後楽園です。


全国で9か所しかない、特別史跡及び、
特別名勝重複指定を受けている庭園です。

それゆえか、兼六園と並んで
紅葉狩りといえばここ!」ってほど有名ですよね^^

各地の景観をイメージして作った、湖や山、川や田園に、
紅葉の組み合わせが、思わず声を上げてしまうほどきれいです♪


ただ、休日はたくさんの人で賑わうので、
静かに観賞するのは難しいかもしれません(^^;

例年の見頃:11月下旬~12月上旬
紅葉祭り:深山紅葉を楽しむ 11月中旬~12月上旬

<【施設情報】>

  • 入園料:一般(300円)/65歳以上(150円)/都内在住・在学の小中学生(無料)
  • 開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
  • 駐車場:なし

電車での行き方です。

【行き方】

東京駅
↓東京メトロ丸の内線 池袋行
後楽園駅
↓出口2/徒歩5分
小石川後楽園

所要時間は15分ほどで、料金は165円(IC優先)です。

スポンサーリンク

殿ヶ谷戸庭園(東京都国分寺市)

5つ目は、殿ヶ谷戸庭園です。


段丘の崖にできた谷を利用した、回遊式の庭園です。

崖の上の芝生地から、段々と変化していく景色が、
見どころのひとつ。


紅葉亭から見下ろす、
紅葉と池のコラボレーションは絶景です。

例年の見頃:11月下旬~12月上旬
紅葉祭り:紅葉を楽しむ会 11月下旬~12月上旬

<【施設情報】>

  • 入園料:一般(150円)/65歳以上(70円)/小学生・都内在住在学の中学生(無料)
  • 開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
  • 駐車場:なし

電車での行き方です。

【行き方】

東京駅
↓JR中央・青梅線 青梅行
国分寺駅
↓出口・南口/徒歩2分
殿ヶ谷戸庭園

所要時間は35分ほどで、料金は550円(IC優先)です。

さいごに

東京の紅葉の名所でした!


また、さらっと見る程度なら、
東京駅~半蔵門駅の間の銀杏並木も、
オススメです♪


コースは東京駅丸の内中央口から皇居方面へ。

皇居の外周を、ぐるっと半蔵門まで歩くものです。

通勤経路だよ!って方もいるとは思いますが、
ゆっくり歩くと、また違いますよ。

自然まっただ中!ではなく、歩くほど変わる景色。

レトロな東京駅ともマッチしていて、
良い雰囲気ですよね(^v^)


また、紅葉狩りではないのですが、
秋のおすすめイベントを1つ紹介します。

11月22日の良い夫婦の日にちなんで開催される、
いい夫婦の日記念ウォーク」です。

日ごろの運動不足を解消しつつ、
普段なかなかゆっくり話す時間もないでしょうし・・・

普段話さないことを話したり、
聞いたりと仲を深めてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です