AGEって知ってます?老化を早めるのでご注意を!

AGEって言葉、知っていますか?

聞き慣れない名前ですよね。

でも、身近な食べ物に含まれている、
老化の原因物質って聞くと、気になりませんか?

老化の原因となれば見逃せませんよね~(^_^;)


しかもですよ!

私達が、美味しい!って感じるものに、
多く含まれるっていうんです。

アンビリバボーです(*´Д`)

もう気になってしょうがないので、詳しく調べてきました!

老化の原因!?AGEって何?

からあげ


AGEとは、終末糖化産物のことをいいます。

で、何ソレ(?_?)って感じですが、

AGEは、タンパク質と糖分が加熱された時に生成される物質で、
毒性を持ち、この毒性が老化の原因とされています。


そして、タンパク質と糖分が加熱された食べ物って何だろう?

って思ったら・・・

残念なことに大好きな揚げ物に、
多く含まれているんです!

他に、どんな食べ物に含まれているかも
気になったので、後でご紹介しますね。

まずは、どんな害があるのか、見てみましょう。

スポンサーリンク

AGEにはこんな害が!

老化で思いつくのは、肌のしみやしわ、
白髪等の見た目、体力の低下などです。

しかし、AGEがもたらす「老化」はそれだけではありません。

AGEがもたらす老化とは?

  • 血管に蓄積し、心筋梗塞や脳梗塞の原因に
  • 内臓脂肪を悪玉化、メタボの原因に
  • 骨に蓄積し、骨粗しょう症の原因に
  • 脳の神経細胞を変質させ、アルツハイマー型の認知症の原因に
  • 目に蓄積すると白内障の原因に


怖いですね(;゚Д゚)

しかし、何事もきちんと原因を知り、対策をとれば大丈夫です^^

どんな食べ物に、多く含まれているか見てみましょう。

どんな食べ物に多く含まれている!?

AGEは体内で作られる場合と、食品から摂取される場合があります。

どんな食品にAGE(終末糖化産物)は多く含まれているのが、
気になりますよね?

実は、この食品に多い!というより、
調理方法に大きな原因があります。

AGEが生成される式があります。

AGEが生成される式

タンパク質×糖分×熱と、
タンパク質×糖分×時間です。


つまり、

タンパク質と糖分をじっくり時間をかけて熱する


これが、AGEが増加する仕組みです。

例えば、具体的には次のような食品です。

AGEが多く含まれる食品

  • ホットケーキ、ワッフル
  • から揚げなどの揚げ物
  • ステーキ、焼き肉
  • フライドポテトやポテトチップス
  • ベーコン(ハムはそれほど多くない)


つまり、

茶色くて、美味しいもの( ´∀`)

ううっなんでやねん。

非常に悲しいですが・・・

なぜか、いくらでも食べたくなるようなものに限って
体に良くないですよね・・・(ToT)


でも、ついつい食べてしまうものばかりなので、
せめてこのマイナス部分を緩和するために、
続いては、このAGEの害をできるだけ防ぐ対策です。

スポンサーリンク

糖化の害をできるだけ少なくするには?

夏野菜


どうしても食べたい、茶色いモノ達。

そんな時は、食べる順番をちょっと意識すると、
糖質の吸収を少なくすることができるそうですよ^^

食べる順番

  1. 野菜や豆類などの食物繊維
  2. 動物性タンパク質
  3. ご飯などの炭水化物


また、AGEの少ない食品は、
野菜、果物、穀類などの、火を通していないもの、です。

こういった食品を一緒に食べることで、AGEのマイナスを
少なくすることができると言われています。

やっぱり野菜と果物って良いんですね。

食べ過ぎて、健康を害するなんて聞いたことありません。


火を通す場合でも、高い温度ほどAGEが増加しますので、
調理法を工夫することも、効果的です。

例えば、お肉でも揚げるより、蒸す、煮るといった方が
良いそうですよ(#^.^#)

さいごに

今回はAGEのお話でした!

しかし、AGEが多く含まれる食べ物は、
もともと高カロリーで高脂質なものが多く
今までもたくさん食べすぎると体に良くないものでした。

改めて、AGEを少し意識することで、
若々しさと健康を維持していきましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です