赤ちゃんの夏の水分補給!量はどのくらいあげるの?

梅雨が明けたら、夏本番!

花火大会やお祭りなど、大人も子供も
楽しめる季節ですね(^v^)

我が家では子供が生まれてから、毎年欠かさず、
そういったイベントに行くようになりました。

でも、夏の間って、特に子供が熱中症にならないか
心配になりませんか?


とはいえ、一日にどれだけ飲めば良いとか、
どの種類の飲み物が良いとか、イマイチはっきりしないですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの夏の水分補給について、
あげるや、飲み物の種類と一緒に、注意点もまとめてみました。

水分の取り方は、母乳を飲んでいる子と、
母乳を飲んでいない子で分けて、ご紹介しています!

では、いってみましょう(#^.^#)

赤ちゃんの夏の水分補給

水を飲む赤ちゃん


子供は成長するために、沢山の水分を必要とします。

そして赤ちゃんは代謝が良いので汗っかきだし、
おしっこの回数も大人に比べると、とても多いですよね。

それに加えて、よく吐くし下痢もするし(^^;

どんどん身体から水分が出て行ってしまいます。

成人の身体は体重の60%が水分ですが、赤ちゃんは
体重の70~80%が水分で占められています。

たくさん水分を取らないと、あのプルプルのお肌が保たれません(T_T)


じゃあここからが本題!

どんな水分をどれだけ取れば良いのかです。

スポンサーリンク

何を飲ませるの?

母乳やミルク以外の水分をあげる場合、
飲ませるものは、常温のものが基本です。

ぬるいもの、ですね(笑)

暑いからといって、冷たい飲み物はよくありません


飲み物の種類は、白湯(さゆ)や麦茶、
市販のベビー飲料で問題ありませんよ(#^.^#)

白湯も麦茶も作り方は簡単!

麦茶


一度沸騰させたお湯を、常温程度まで冷ましたら完成です。

白湯は新生児から、OKです(#^.^#)


麦茶も、沸騰させたお湯に麦茶パックを入れておけばOKですね。
(もちろん水出しは避けましょう)

麦茶は、生後1か月から与えていいですよ♪


また、お風呂上がりに、毎日少しでも飲ませておくと、外出の時に
「飲んでくれない!どうしよう!」なんてことはなくなるのでオススメです。


お出かけ時には、夏場に野菜ジュース等を持ち歩いて、傷んだら大変なので、
麦茶・ベビーイオン水・白湯のどれかにしましょう(^^)


では、続いては飲ませ方です。
飲ませ方は、母乳の子とミルクの子では少し変わってきます。

水分の飲ませ方:ミルクの子の場合

まずは、ミルクの赤ちゃんの場合から、見てみましょう。

  1. 3~6か月頃
    いつもミルクを飲ませているように、哺乳瓶で飲ませます。哺乳瓶にミルクを入れている人は、マグを使ってみてください。乳首タイプのものもあるし、蓋もできるので便利です。

    1回量は、10~50mlくらいが目安。
    低月齢で、欲しがるだけ沢山飲ませてしまうと、おなかを壊してしまうことがあるので注意してください。

  2. 7~9か月頃
    この頃からはストローで飲めるようになります。赤ちゃんで差はありますが、離乳食が始まると口をすぼめることを覚えます。それと並行してストローの練習をさせるのがいいと思います。ストローで飲めるようになると、だいぶ楽になりますよ♪

    1回量50~100mlが目安。

  3. 9か月~
    ストローがだいぶ上達してきます。上手に飲めない子もいますが、コップで上手に飲めたりもしますよ~!紙パック飲料を飲ませるときは、大人と共有ではなく、赤ちゃん専用にしてください。

    この頃からは1回量は、赤ちゃん自身で調節できるようになるので、欲しがるだけ飲ませて問題ないです。


続いて、母乳の赤ちゃんの場合です^^

スポンサーリンク

水分の飲ませ方:母乳の子の場合

母乳の赤ちゃんは次のような飲ませ方が良いでしょう。

  1. 3~6か月頃
    飲ませ方は、哺乳瓶で飲んでくれたら、それで良いのですが・・・完全母乳の子は、哺乳瓶を嫌がる子がいます。そんな時はマグや、コップで飲ませてしまっていいと思います。実際、我が家ではマグで飲ませていました(^^)

    お店に行くといろんな種類のマグが売られていて、どれを買うか悩みますよね。個人的にオススメなのが、コンビが発売している「teteoマグシリーズ」です。1番最初に使う乳首部分、「スパウト」が2種類売られているので、赤ちゃんによって微調整することが出来ます♪

    1回量は10~50mlが目安です。
    低月齢で、欲しがるだけ沢山飲ませてしまうと、おなかを壊してしまうことがあるので注意してください。

  2. ※7か月~はミルクの子と一緒です。


ミルクの子も母乳の子も、最初はマグを、
おもちゃ感覚で持たせると良いですよ^^

強制はせずに様子を見て、興味を持ちはじめたら、
少し手伝いをしてあげる感じです。

「斜めにするんだよ」ってことだけ教えてあげれば、
あとはどんどん上達していきます。

飲ませるタイミングは?

可愛い赤ちゃん


飲ませるタイミングも見てみましょう。

飲ませるタイミング

  • 起きたら
    ※起きたタイミングで授乳・ミルクの時間なら、他の水分をあげる必要はないです。
  • お風呂上がり
  • 散歩など外遊びの後
    ※水遊びをさせている時に忘れがちになるので要注意。
  • 冷暖房をつけている時
  • 車移動が長引く時
  • 泣いた後


こんなにたくさんのタイミングがあります!

でも、家事をしていると、忘れがちになっちゃいますよね・・・

我が家では、上記プラス、ママが水分をとるタイミングでも、
子供にも水分補給をさせていました。

飲み物の種類は?

飲み物の種類にも、赤ちゃんに飲ませてOKなものと、
そうでないものがあります。

赤ちゃんにあげる飲み物の種類

  • 白湯
    別名、湯ざまし。新生児期から飲ませてよいのでオススメ。
  • 麦茶
    飲んでOK。夏場にオススメです。
  • ほうじ茶
    少しカフェイン含む。飲ませるならベビー用のものをあげてください。
  • ウーロン茶
    カフェイン含みます。避けた方が無難です。
  • 緑茶
    カフェイン含みます。避けた方が無難です。
  • ハーブティー
    赤ちゃんに不向きなものも。種類を選んで飲ませてください。
  • ルイボスティー
    ノンカフェインです。スッキリとした味で夏場にオススメ!
  • コーヒー
    カフェイン含みます。まあ、普通あげませんよね。
  • 紅茶
    コーヒーに匹敵するカフェインを含みます。避けましょう。
  • イオン飲料
    ベビー用ならOK。しかし、糖分が多いので熱が出た時などに限定する方が良いでしょう。
  • 野菜ジュース
    ベビー用ならOK。しかし、糖分が多いので特別な時など、限定するのをオススメします。
  • 果汁(100%)
    ベビー用ならOK。しかし、糖分が多いので特別な時など、限定するのをオススメします。
  • ミネラルウォーター
    ベビー用、軟水ならOK。硬水やミネラルが豊富なものは避けましょう。
  • 乳酸菌飲料
    糖分が多いので、1歳過ぎからにしましょう。
  • 炭酸飲料
    炭酸、糖分、香料・・・赤ちゃんに不向きなものがたくさん入っています。


我が家では、お茶を作り分けるのが大変だったので、
ノンカフェインのルイボスティーをよく作っていました(#^.^#)

さいごに

夏場の赤ちゃんの水分補給についてでした!

参考になりましたか?

まだまだ夏はこれから!

親子共に、熱中症に気をつけていっぱい遊びましょうね~( ´∀`)b

スポンサーリンク

SNSで拡散してもらえたら、スゴク嬉しいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です